老化を引き起こす「インナードライ」

Pocket

気温や湿度が上昇し始めると、美容雑誌などでよく見かける「インナードライ」という言葉。文字通り、「インナー(内部)ドライ(乾燥)」の状態が起きていることを意味しています。この季節、皮脂と汗によって一見潤っているように見える肌ですが、肌内部が乾燥した結果、それ以上に潤いを奪われないように守る機能がはたらき、過剰に皮脂が出てしまうのです。その結果、あらゆる肌トラブルを引き起こすのです。

あなたの肌は大丈夫?!インナードライチェック!

□洗顔後は、すぐにつっぱる感じがする。
□肌の表面がゴワゴワ、ザラザラしている。
□化粧崩れしやすい。
□くすみが気になる。
□スキンケアが浸透していない気がする。
□皮脂が出ているのにつっぱる感じがする。
□吹き出物ができやすい。

当てはまる数が多いほど、インナードライを引き起こしている可能性が高くなります。

 

潤いの低下=バリア機能の低下=肌の老化

私たちの肌は、通常3つの大切な要素によって潤いが保たれています。
潤いの要素が失われると、乾燥をはじめ、シワ・たるみ・毛穴の開きなどが気になるようになります。また、紫外線やエアコンなどの外的要因から、肌を守るバリア機能が低下することが肌老化につながってしまうのです。

 

インナードライを防ぐ3つのポイント

  1. 洗顔はぬるま湯で
    少しぬるいと感じるお湯(30~32℃くらい)で毛穴の汚れや皮脂を十分取ることができます。熱すぎるお湯は、必要以上に肌表面の必要な潤いを奪ってしまいます。
  2. 化粧水は洗顔後すぐに
    洗顔直後は、肌が柔らかくなっているので化粧水が浸透しやすい状態です。肌の潤いが逃げてしまう前に、化粧水で肌をほぐします。美容液やクリームの浸透も助けます。
  3. 定期的なスペシャルケアを
    日々の丁寧なスキンケアはもちろん大切ですが、週に2-3回のスペシャルケアが効果的。肌のターンオーバーを促し、潤いに満ちたハリつやのある肌を取り戻します。

保湿クリームの無料トライアルお届け中!

エクストラ モイスチャークリームに配合されているALAは、細胞を活性化することで「代謝水」の生成を促し、潤いあふれる若々しい素肌へと導きます。

無料でお試しいただけるこの機会をぜひお見逃しなく!
※規定数量に達し次第終了となります。

▼ 無料トライアルクリーム(1.5g×2包)のお申し込みはこちらから ▼
http://www.lala-solomon.jp/cream_trial

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です