肌トラブルが多い梅雨の季節のスキンケア

Pocket

実は肌トラブルが起きやすい梅雨
梅雨が本格的にはじまるこの季節、実は一年を通して肌トラブルが多い時期ともいわれています。「秋冬に比べて湿度が高い し、肌にいいのでは?」と感じている方も多いかもしれませんが、実際に肌に良いとされている湿度は60~65%といわれ、梅雨 時期の平均湿度は、肌に最適な湿度を大幅に上回っているのが事実です。
高い湿度により、汗をかいたり過剰に皮脂が出やすくなり、肌表面で雑菌が繁殖することから吹き出物やニキビの原因となり ます。普段あまり肌トラブルを起こさないという方でもこの季節になると急に肌の調子が悪くなるという方は、梅雨特有の湿度 が原因かもしれません。また、汗や皮脂をそのままにしてエアコンの効いた部屋へ入ると、肌表面は乾いたと思ってしまいます が、肌表面の汗や皮脂と一緒に必要な水分まで蒸発してしまうので、肌の内側は乾いた状態になり、さらなる皮脂分泌の原因 へとつながるのです。

日焼け止めも肌トラブルの原因に
紫外線対策には、日焼け止めが欠かせません。しかし、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤には、肌への負担が大きいものも 多く、肌の乾燥を招く原因となることがあります。さらに、日焼け止めをしっかりと落とすために洗浄作用の強いクレンジングを 使うことも、ゆらぎやすい肌状態の時には大きな負担となってしまうので注意が必要です。

梅雨を快適に過ごすために、今すぐできること
保湿
肌トラブルに強い肌を作るために保湿は欠かせません。湿度や気温が高いと、つい保湿を疎かにしてしまいがちですが、肌が弱くなる季節だからこそ、たっぷりと保湿することで過剰な皮脂の分泌を防ぎ、肌が本来持つ力でトラブルが起きるのを未然に防いでくれるのです。一般的に目の周りや唇、両頬とあごのUゾーンが乾燥しやすいといわれているので、お手入れのときには特に注意して保湿クリームを塗るようにしましょう。

クレンジング
汗や皮脂の分泌が増えることにより毛穴が詰まりやすくなり、吹き出物だけでなく毛穴の黒ずみの原因にもなります。そんな時は、きめ細かな泡で洗顔すると肌に負担をかけずに毛穴の汚れをやさしく取り除くことができます。また、スペシャルケアとしてピーリングやスクラブなども取り入れてみるのもおすすめです。

梅雨の時期の肌状態に合わせて日々のちょっとしたケアを見直して、ジメジメした季節も快適に過ごしましょう。

ALAの不思議な魅力
-あまり知られていないALAの応用範囲-

Pocket

エネルギーを変換させる働きを担うALA
ALA(5−アミノレブリン酸)は、植物から動物まであらゆる生命体の細胞の中でエネルギーを生み出す仕事をしています。
このエネルギーを生み出す時には、外から得たエネルギーを 他のエネルギーに変換させるという活動が必要で、この活動がうまくいくことによって私たちは動いたり、呼吸することができるのです。
例えば地球上では、植物が太陽から光を浴びて光合成を行い、育っていきますが、これは植物が光エネルギーを成長するために必要なエネルギーへ変換させる活動です。そして、 植物から排出された酸素は、ヒトや動物が呼吸をして取り込みます。この呼吸も、酸素と栄養素を生きるために必要なエネルギーへと変換させるための活動です。
この「光合成」と「呼吸」が、エネルギーへ変換するための最も大きな現象で、ALAはこのどちらにも関わっています。
植物の場合、外からALAとミネラルを一緒に与えることで光合成が活発になり、実がしっかりした果物ができたり丈夫な作物ができるので、現在ALAとミネラルは肥料として利用されています。一方で、ヒトの場合は、ALAとミネラルを補うことで、呼吸から得た酸素と栄養素を効率よくエネルギーに変換し、基礎代謝が上がったり運動能力が向上します。

健康分野からエネルギーの分野まで広がる可能性を秘めたALA
このようにALAには、植物だけでなく、動物などあらゆる生命体のエネルギーを生み出す大もとの部分で働く特徴を持つため、様々な分野での応用が広がっています。すでに 健康、医療、美容、農業の分野で利用されていますが、特に医療分野では様々な応用研究が進んでいます。

【医療分野でのALAの応用研究】
・ 脳腫瘍、膀胱がん、前立腺がん、子宮頸がんの診断薬として利用され、現在はがんなどの治療薬としての研究が進んでいます。
・ 抗マラリア薬としての研究
・ パーキンソン病への臨床実験
・ ミトコンドリア病への臨床実験 その他にも、様々な医療分野での研究が進められています。

前述の通り、農業の分野ではすでに肥料として実用化されていますが、砂漠化が進んでいる地域で、ALAを肥料として利用することで緑化を促し砂漠化を防げる可能性もあります。さらに、効率よく植物を育てることで、バイオエネルギーとしての活用も期待されています。畜産分野においては、鶏の飼料にALAを添加することで、 鶏の免疫機能を増強させることが解明されたり、豚の飼料へ添加したことすることで体調が向上することが確認されています。ペットなどへの健康補助食品としても多いに期待できます。まさにALAの可能性は様々な分野へと広がりを見せているのです。 実用化されるまで、まだ時間がかかる分野もありますが、近い将来ALAを活用できる分野も出現することでしょう。

ゆらぎ肌の原因を知って今年こそ春肌トラブルを回避!

Pocket

トラブルの多い春のゆらぎ肌
1年でもっとも肌がゆらぎやすい季節になりました。あるアンケート調査では、20代から40代の女性の約7割が「肌荒れが気になる。」「肌表面がゴワゴワする。」といった肌トラブルを感じたことがあるといいます。春は、1年でもっとも肌トラブルが起きやすい季節なのです。

実は春先の肌トラブルの原因は単なる乾燥だけではありません。たとえば、三寒四温による急激な温度差が引き起こす肌への負担も大きいですし、春特有の強い風により花粉、ほこり、黄砂、PM2.5など肌にとって刺激になるものが空気中を蔓延し、肌の表面に付くことも原因です。また、3月から5月は1年でもっとも紫外線量が増えますし、新生活など環境の変化がもたらすストレスも原因とされています。さらに、冬の間の冷気と、潤いを奪う暖房環境にさらされていたお肌は潤い不足となっているため、前述したような刺激が加わることでお肌のバリア機能が低下し、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

トラブルに負けない、健やかな肌を育てるために必要な3つのこと
ステップ① 落とすケア
春の風にのって、肌にはさまざまな汚れが付着しているため、肌の汚れはその日のうちに洗顔でしっかり落とします。毛穴に中に詰まってしまった汚れは細かい泡を転がすように丁寧に洗顔を。乾燥がひどい時や吹き出物などの肌トラブルがある場合は、刺激が弱めの洗顔料を使用するのもおすすめです。

ステップ② 補うケア
汚れをしっかりと落とした肌には、保湿成分が配合された化粧水や美容液、クリームで潤いを保つ力を高める保湿ケアを行います。潤いバランスが整った肌は、外側からの刺激を受けにくくなります。また、春に起こりやすいくすみが気になる方は、いつもより多めの保湿ケアを心がけてみてください。
乾燥や肌あれを起こしている肌には、肌表面の保護成分や、肌あれ防止成分なども補うことで、肌が正常に戻ろうとする力をサポートすることができます。肌の調子が良い時は、保湿重視のスペシャルケアを取り入れます。

ステップ③ 守るケア
日中は日焼け止めを使用するだけでなく、傘や帽子などで直接紫外線を浴びるのを防ぐことで、紫外線によるダメージを予防することができます。肌が不安定な時は、ノンケミカルタイプの日焼け止め製品がおすすめです。

ALAの研究開発が日本バイオベンチャー大賞「経済産業大臣賞」を受賞

Pocket

2017年3月1日第10回「日本バイオベンチャー大賞」(主催・フジサンケイビジネスアイ)の贈賞式が神戸市の甲南大学ポートアイランドキャンパスで開かれました。この大賞の中の経済産業大臣賞として5-アミノレブリン酸に特化した事業を行うSBIファーマ株式会社が選ばれました。

日本バイオベンチャー大賞は、バイオビジネスを担うベンチャー企業の独創的な研究成果や革新的なバイオ関連機器開発などを評価・表彰するものです。

ALA(5-アミノレブリン酸)においては、代謝を改善させることで様々な疾病の予防や治療が可能なことを見出され、様々な研究開発が進められていることが評価されました。具体的な研究成果として、ALAを用いた光線力学診断の実用化、がんなどに対する光線力学治療の進捗、糖尿病に対する効果、ミトコンドリアの機能が低下する難病、マラリアに対する予防や治療の可能性が見出されていることがあげられます。

授賞されたSBIファーマ株式会社の代表取締役 執行役員副社長でありALA研究開発の第一人者である田中徹博士はこのようにおっしゃっていました。

ーーーーーー
「会社を立ち上げて9年になります。今回このような大きな賞をいただき、今までの努力がむくわれたと喜んでいます。ベンチャー企業として賞をいただいたことももちろんうれしいのですが、受賞を通じてまだまだ知名度の低いALAのことを一人でも多くの方に知っていただければと期待しています。

今回、レセプションでパネルを展示したのですが、高円宮久子殿下にも足を止めていただき、特に幼い子の難病であるミトコンドリア症への取り組みに強い関心を頂きました。作用メカニズムにも関心をいただき、アンチエイジングにも役立ちそうとのお言葉も賜りました。今回の受賞が広くALAを知ってもらえる機会になればと期待しています。」
SBIファーマ株式会社 代表取締役 執行役員副社長
田中 徹
ーーーーーー

様々な分野で着実に成果を上げ始めているALAの研究開発ですが、多くの疾病の重要な要因が代謝機能の低下によるものであればALAの可能性はさらに広がってきます。
これからの研究成果が期待されます。
今回の日本バイオベンチャー大賞については、以下のURLからご覧いただけます。
http://www.fbi-award.jp/bio/past/10th.html

 

 

 

 

ALAの不思議な魅力
-老化抑制のカギとなるミトコンドリアとALAの関係-

Pocket

寿命の影響を及ぼすミトコンドリアの働き
 もし自分で寿命を決められるとしたらあなたなら何歳まで生きていたいですか?
人類史上、最も長生きした人物は、確実な証拠がある中では122年と164日間も生きたフランス人女性のジャンヌ・カルマンさんです。すでに1997年に逝去されていますが、人類の寿命は医療や科学の発達に伴い確実に伸びています。しかし今年、米国のネーチャー誌に「人間の最高寿命はもう伸びない。」という論文が発表されました。この研究では、世界40か国以上の人口統計データを調べたもので、長年続いてきた最高寿命の上昇が1990年代にすでにその最高点に到達し1997年以降は横ばいになっていることが分かりました。それ以降は、世界最年長者が115歳前後という傾向が続いており理論上、最高でも115歳までが限度だとする研究論文が発表されました。
実はこの115歳という年齢は、ミトコンドリアによって生み出されるエネルギー代謝(COX活性)の指標が下がってくるグラフとほぼ一致しています。

私たちの体は、細胞の中にあるミトコンドリアの働きによって、栄養から得た水素と呼吸から得た酸素を使って生きるためのエネルギーを生み出し、代謝が行われます。つまりこのミトコンドリアの働きが「寿命」に大きな影響を及ぼしているのです。

ミトコンドリアとALAの関係
 体内で作られるミトコンドリアの働きを活性化させることが、老化を抑制するカギですが、ミトコンドリアでのエネルギー代謝に欠かせないのがALA(5-アミノレブリン酸)です。ALAはミトコンドリアの中に存在し、ミトコンドリアの中で変化しながらエネルギーや血液の元になっていきます。また、ミトコンドリアの働きを活性化させて代謝を促します。

しかし、17歳前後を境に体内で作られるALAの生産量は徐々に減少してきます。するとミトコンドリアの働きが衰えるため、エネルギー産生は低下し、細胞の衰えが引き起こされます。
ミトコンドリアの働きを高めるためには、ALAを食品やサプリメントから効率よく摂取することが重要だと考えられています。また、ミトコンドリアの量を増やすことも重要です。ミトコンドリアの量を増やす運動として、「インターバル速歩」という方法がおすすめです。やり方は簡単で、早歩きを3分、ゆっくり歩きを3分。これを交互に1日15〜30分行なうというもの。いつもの歩き方をちょっと変えるだけで、効率的にミトコンドリアを増やすことができるのです。
その他にも、ミトコンドリアの量を増やしたり質を高める方法は色々ありますので、気になる方はぜひ普段の生活に取り入れてみてください。