夏の疲れを癒やす「ハーブ」を使ったビューティケア

Pocket

朝のひんやりとした空気に高い空。
日が落ちるのもすっかり早くなり、秋の気配を感じる気候になりました。

夏の疲れを感じている方も多いのでは?
そんな時におすすめなのが「ハーブ」を使ったビューティケア。

HQ048_L

ハーブは、紀元前5000年頃から人々の生活に取り入れられていたという記録があるほど、古代から私達の生活に欠かせないものとされてきました。
その昔、病気が悪魔の仕業だとされていた頃、ハーブは神から与えられた魔法の薬草といわれていたこともあるそうです。
中でも、「カモミール」は古代エジプト人やギリシア人に不思議な力を持つ植物、「最高のハーブ」として崇拝されてきました。
カモミールはリラックス効果が高く、睡眠前のカモミールティーはおすすめです。ぐっすりと深い眠りにつけるような気がします。

また、カモミールは「ハーブバス」にも最適で、血行を促進したり、皮膚疾患に効果的とされています。

HT013_L

ハーブバスにおすすめなのが「セージ」。セージは疲労回復や美肌、肥満解消に効果的といわれています。
同様に、「ローズマリー」もおすすめです。

セージやローズマリーには髪をつやつやにする効果もあります。
なんと、このハーブで洗い流さないトリートメントができるんですよ!

ハーブトリートメントの作り方

  1. 鍋にドライハーブと水(1:2)を入れます。
  2. 10分ほど煮て、冷まします。
  3. ハーブをこして、保存容器に入れます。

シャンプー後、タオルドライした髪にこのトリートメントをつけるだけ。
保存料などを使用しないので、早めに使い切ることをおすすめします。

身近なハーブを取り入れて夏の疲れをしっかりと癒して秋を迎えたいですね!

おすすめの美肌スムージー

Pocket

あと半月ほどでお盆休みがやってきます。
海や川、キャンプなど楽しみはたくさんありますが、紫外線対策はバッチリですか?

紫外線の影響からの大敵といえばシミ!そばかす!
肌の外側をしっかりガードしていても、いつのまにか、なぜか出てくるシミ・そばかす。
内側ケアが不足しているサインかもしれません。

今日はカラダの中から美肌をつくる、ララ・ソロモンおすすめのハチミツレシピをご紹介します。

基本のグリーンスムージー
材料

  • アボガド 1/2個
  • バナナ  1本
  • ルビーグレープフルーツ 1/2個
  • 小松菜 1/4束
  • ハチミツ 適量

◇アボガドはビタミンEがたっぷりで肌細胞の老化を防いでくれます。
◇バナナは抗酸化作用が高く、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンCも含まれています。あまり知られていないけれど、実は美肌フルーツ!
◇ルビーグレープフルーツにはシミの原因となるメラニンの生成を抑制するリコピンが豊富に含まれています。
◇小松菜はビタミンB2を豊富に含む美肌保持効果の高い優秀野菜。
◇ハチミツにはビタミンB群やナイアシンといった美肌効果の高い栄養素がたっぷり!

冷え取りジンジャーハニーヨーグルト
材料

  • プレーンヨーグルト 100g
  • ハチミツ 適量
  • ショウガ すりおろしたものを小さじ1

◇ヨーグルトに含まれるビタミンB2が新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを促進してくれます。また、美肌効果も高く、くすみを取り除いてくれます。
◇ショウガは生のものよりも乾燥したものが体を温めてくれるようです。
◇冷房で冷えやすい方におすすめ。ホットヨーグルトにするとさらに効果アップ!

ハチミツは飲み物、食事など幅広くアレンジができる身近な食材。
そして美容効果も高いことから、あのクレオパトラが愛用していたという話もあるくらいです。

ぜひ試してみてくださいね!

梅雨時期に心がけたいスキンケア

Pocket

こんにちは、ララ・ソロモンです!

いよいよ本格的な梅雨シーズンになりました。
しとしと降る雨と紫陽花の組み合わせはとても日本らしく、雨の中でもつい紫陽花を探してしまいます。

ただ一つ、気になるのがこの季節特有の高い湿度。
湿度、気温ともに上昇すると、皮脂や汗の分泌量が増え、毛穴も開きやすくなります。化粧崩れの原因にもつながります。

まずは、過剰な皮脂を抑えてあげることで化粧崩れは防げるといわれています。そのためには丁寧な洗顔で毛穴をすっきりと清潔にしておくことが効果的です。

【洗顔に欠かせない3つのポイント】

1. とにかくふわふわの泡でやさしく撫でるように洗うこと。
※指が肌に触れないくらいのふわふわ泡がおすすめです。手で洗うのではなく、泡で洗う感覚です。

2. ぬるいと感じるくらいのお湯で洗うこと。(28℃~32℃が適温といわれています。)
※熱過ぎるお湯では、必要な潤いを奪う→皮脂で補う→皮脂の過剰分泌…という悪循環を起こします。

3. 洗い過ぎないこと。
※短過ぎても汚れや皮脂が落ちませんが、長過ぎても肌に負担をかけてしまいます。洗う時間は3~40秒でささっと全体を泡で包むように洗い、流すときも流し過ぎないことが大切です。

朝洗顔はする人としない人といますが、個人的には夏場は朝洗顔したほうが化粧持ちが良く感じます。
ベタつきや化粧崩れが気になる方は、一度試してみてもいいかもしれません。

★ララ・ソロモンでは洗顔フォーム+ハチミツのしっとり洗顔をおすすめしています。ハチミツ洗顔法をぜひご覧ください。

[youtube=http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=i5KxsEPNLqU]

いつものスキンケアをもっと効果的に

Pocket

HT071_L

こんにちは、ララ・ソロモンです。
暑さが少しずつ和らぎ、秋の気配を感じる季節になりました。

夏の間にくたびれてしまったお肌を早く回復させたい!と
いつも以上にお手入れに気合が入ったり、美白美容液やパックなどのスペシャルケアを取り入れている方も多いのではないでしょうか。

スキンケアに大切なのは、肌質や体質に合ったものを使うことはもちろんですが、その機能をより引き出すためには、お手入れをする環境がとても大切だといわれています。

忙しい人にも取り入れられる、バスタイムスキンケア
最近の女性はとても忙しい方が多いですが、バスタイムだけはしっかりと時間を取るようにしている方が多いとよく耳にします。

お風呂の中では、血行もよく、湿度も保たれており、お肌も柔らかくなっているのでフェイスパックやマッサージをすると、よりお肌への効果も高く、リラックス効果も高まります。
この時、お気に入りの香りの入浴剤を取り入れるとさらに効果アップ。
好きな香りによって脳にリラックスするように信号が送られるため、といわれています。

以前ご紹介したハチミツを使ったケアも、バスタイムに行うとさらに効果的。

湯船に浸かる前にパック等をセットして、お気に入りの入浴剤を入れた湯船でゆっくりリラックスしている間にお肌をしっとりふっくら仕上げてくれます。

ゆっくりバスタイムの時間が取れない方には、足湯がおすすめです。洗面器に少し熱いと感じるくらいのお湯(38~42℃くらい)をはり、お気に入りの入浴剤(バスソルトだとむくみに効果的!)を入れて、足を浸しながらいつものスキンケア。こちらも血行が良くなり、体温が少し上昇するので、スキンケアの有効成分がより浸透しやすくなります。

真夏でも寒い冬でもない今の季節だからこそできるバスタイムスキンケア。
秋冬も美肌をキープするためにぜひ取り入れてみてくださいね。

夏疲れの肌にハチミツを使った3つのビューティケア

Pocket

こんにちは、ララ・ソロモンです。
毎日暑い日が続いていますね。なんとなく調子がすぐれなかったり、肌の調子がちょっと…という方は、知らず知らずのうちに、夏の疲れやストレスを感じているのかもしれません。

先日、こちらの記事でハチミツを使った夏バテ防止レシピをご紹介しましたが、ハチミツは食べるだけでなく、昔からビューティケアにも使われているのをご存知ですか?

■ハチミツだからできること

ハチミツは天然の保湿成分で、吸収力、浸透力がとても高く、潤いで満たしてキープする効果に優れています。通常、 ハチミツは腐ることがあまりないことからわかるように、殺菌効果が高く、シャンプーに配合されていたり、のど飴にも入っていたりします。喉の調子が悪い時に、スプーン一杯のハチミツはおすすめです。

また、炎症を抑える効果があることから、リップクリームやハンドクリームにも配合されることが多いのもハチミツの特徴です。
炎症を修復するだけでなく、乾燥しやすい手元や粘膜の薄い唇の皮脂膜の代わりとなって、潤いをキープしてくれるのです。

■毎日でも取り入れたい、ハチミツビューティケア

1. ハチミツフェイスパック

この季節、汗や皮脂で乾燥なんて!と思いがちですが、実は紫外線も冷房もお肌の潤いを奪っています。特に汗をかいた後、冷房の効いた部屋に入ると、途端にお肌表面の潤いにつられて肌内部の潤いまで奪われてしまうので、夏でもしっかりと保湿ケアが必要になります。

そこでおすすめが「ハチミツフェイスパック」。
ざらつきや乾燥が気になる部分にハチミツをのせて、2~3分おきます。その後、やさしくクルクルしてマッサージして洗い流すだけ。ハチミツの持つピーリング効果で不要な角質も取り除き、キメの整った透明感のある肌を手に入れられる簡単ケアです。

2. ハチミツリップケア

私たちの体の中で、一番薄い部分が唇。気づくと乾燥が気になり、リップクリームが欠かせません。そこでお風呂上がりに少しだけハチミツケアを。
唇に薄くハチミツを塗り、唇のサイズに折りたたんだラップで3分パックをするだけ。その後はぬるま湯でやさしく洗い流してもそのままでもOKです。

簡単ケアで憧れの赤ちゃんのようなプルプルリップを手に入れられます。

3. ハチミツヘアトリートメント

この季節、一番太陽の強い陽射しを受けている髪。加えて、海の塩分やプールの塩素で受けるダメージも大きく、パサつきや毛先のダメージが気になる方も多いのでは?

いつものコンディショナーやトリートメントでは物足りない方は、ティースプーン1杯分程度のハチミツを加えてみてください。そしてパサつきに気になる部分につけて、通常より少し長めに置いてから洗い流すだけ。ハリつやが戻り、まとまりのある髪になったのを洗い流す瞬間に感じられます。

今日ご紹介したハチミツビューティケアは、週に1~2回程度がおすすめです。
自然の恵みを活かしたたビューティケアで夏を乗り切りましょう!

*ハチミツアレルギーやお肌が敏感な方は、はじめにパッチテストを行なってください。