春がもうすぐそこまで

Pocket

0218

先日の大雪の影響でまだ雪がたくさん残る中、オフィスに向かう道端で小さな春を見つけました。ミモザというこの小さな黄色の花。ヨーロッパでは「春を告げる花」として親しまれています。

特にイタリアでは3月8日を「ミモザの日」として、シーズンを迎えるミモザを男性から女性にプレゼントする習慣があるそうです。

また、3月8日は国際連合によって定められた「国際女性デー」。
労働条件の改善などを求めるニューヨークの女性のデモがきっかけとなり、国際的な婦人解放の記念日として世界中で女性たちが女性であることを祝い、女性差別をなくすことを宣言する日として知られています。

まだまだ日本では馴染みが少ない習慣ですが、どんな時でもお花をプレゼントされるというのは女性にとってとてもうれしいですよね。
近い将来、3月8日には黄色の花束をもった男性を街中で見かけることができるのを密かに楽しみにしています。

インフルエンザも怖くない!ホットハニージンジャー

Pocket

0129bloghoneyginger

インフルエンザが流行り始めたというニュースがちらほら聞こえてきました。
ララ・ソロモンのオフィスでは、喉の調子が少しでも気になったり、風邪の兆候があると「はちみつなめて!」というのが合言葉のようになっています。
そのせいか、身近に風邪を引いている人にいる時もついつい同じように言ってしまう始末…。

実は先日も友人が風邪を引いたというので「はちみつ!はちみつ!」と思い、飲みやすい〈ホットハニージンジャー〉を作り飲んでもらったところ、次の日には復活!(実際ははちみつの効果だけではないとは思いますが…。)
今日はこのレシピを紹介したいと思います。

材料(マグカップ一杯分)

  • ショウガ ティースプーン一杯分
  • はちみつ 適量
  • お湯 150ml
  1. ショウガをすりおろし、マグカップに入れます。
  2. はちみつをマグカップの底が見えなくなるくらい入れます。
  3. お湯を注ぎ、はちみつが溶けるようによく混ぜます。

生姜もたっぷり入っていて身体の芯から温めてくれるので、この季節にぴったりです。ぜひお試しください。

旬のリンゴを使ったはちみつレシピ

Pocket

おいしいリンゴが出回る季節。
でも皮を剥いて食べるのはちょっと飽きちゃった…という方におすすめの
リンゴ&はちみつを使ったレシピをご紹介します。

アイスクリームとはちみつの焼きりんご
材料(リンゴ1個分)

  • リンゴ 1個(お好みで)
  • バター 15g
  • バニラアイスクリーム 適量
  • ハチミツ 適量
  • シナモン 適量
  1. リンゴの芯をくりぬきます。*底に穴が開かないように注意
  2. 170℃~180℃のオーブンで30分焼きます。(オーブントースターでも可)
    焼き加減はお好みで。
    (焼き過ぎると焦げたり、皮が剥がれてしまうので注意)
  3. 焼きあがったリンゴのくりぬいた芯の部分にバターを入れます。
  4. その上にアイスクリームをたっぷりのせて、上からハチミツとシナモンをかけたらできあがり。

中心部が熱いので、気をつけてお召し上がりください。
この季節、ホームパーティーなど人の集まる所で作ると必ず喜ばれるレシピの一つです。
ミントの葉などを添えると、赤と緑でグッとクリスマス感が増しますね!

手に視線が集まる季節。ハンドケアしていますか?

Pocket

毎年この時期になると、日に日に進む乾燥に新しい年を迎える前に干からびてしまうのではないかと思わずにはいられないのですが、フェイスケアと同じくらい気になっているのがハンドケア。

手元は年齢を表す部分の一つともいわれており、最近読んだ記事には「手は10年早く老ける」といったことも書いてありました。(恐ろしい!)女性は顔周りや髪に手を持ってくることも多いせいか、人目に触れる機会も少なくなく、男性も女性の手元を見ているという方が少なくないようです。

HT160_L

憧れるのはしっとり潤った透き通るような肌にすらっと伸びたまっすぐの指。
きちんと手入れの届いた指先も、美しい手元には欠かせません。

そんな美しい憧れの手元を手に入れるためにできること、それは実はちょっとしたことの積み重ねなのかもしれません。

例えばハンドクリームを塗る時、どんなふうに塗っていますか?
全体にさらっとなじませるだけという方は、一本一本の指に丁寧になじませてみてください。指の付け根から指先へ優しくすべらせるだけですが、リラックス効果もあるので忙しい仕事の合間の気分転換にもおすすめです。

また、手首も優しくほぐしてあげると手全体の血行がよくなり、より肌がきれいに見えるようです。毎日のケアにぜひ取り入れてみてくださいね。

 

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.**.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.**.*:*.*
ララ・ソロモンでは本日より期間限定でALA配合ハンドクリーム「はたらくて」の販売を開始しました。
以前より多くのお客様よりリクエストをいただいていた商品で、ララ・ソロモン同様にALA(5-アミノレブリン酸)&ソロモンハニーを配合しています。こちらもぜひお試しください。

ALA配合ハンドクリーム「はたらくて」はこちらからご覧いただけます。

【12月2日開催!】先着20名様を健康セミナーへ無料ご招待!

Pocket

こんにちは!秋の過ごしやすい陽気から一変、急に冬が来たように寒い日が続いています。

今日は健康セミナーのご案内です。

健康的な生活を送りたくても、仕事の都合や子育てでなかなか規則正しい生活を送れない時代ですが、そんな生活を送りながらもちょっとした工夫で健康的に過ごせるようになるなど、目からウロコの話を世界で活躍されている名医から聞ける貴重な機会です。
ララ・ソロモンに配合されているALA(5−アミノレブリン酸)のことに詳しい齋藤真嗣先生のお話も伺えます。ぜひご応募ください。

 
健康セミナーは午後の部、夜の部がございます。
2名様までお申込み頂けます。
参加ご希望の方は、申込フォームより11月22日までにお申込みください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2回スペシャル健康セミナー 病気にならない生活・スイッチオン!
        【老けない、太らない、病気にならない】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 
世界で活躍する日本人医師3人に「健康維持の秘訣」を語っていただきます。
高齢化社会を迎え、これからより身近な課題として注目される「アンチエイジング」の領域における3人の名医が語ります。
 
↓ ↓ ↓ 詳細はこちら ↓ ↓ ↓
 
◆ 開催日 ◆
12月2日(月)
午後の部:14時30分〜16時(予定)受付14時
夜の部:19時〜21時(予定)受付18時30分
昼、夜二回の開催ですので、ご都合のよい時間をお選びください。
 
◆ 開催場所 ◆
日比谷図書文化館
 
◆ 入場料 ◆
一般価格(税込)午後の部/夜の部 各3,000円
 
<< 先着20名様無料ご招待!(2名まで申込可) >>
 
◆ 講演内容 ◆
 
<< 午後の部 >>14時30分〜16時(予定)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   目は心の窓、目は口ほどに物を言う、目が語る健康
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
講師:川北哲也氏 (慶應義塾大学医学部眼科学教室 専任講師)
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   細胞を活性化!「5-アミノレブリン酸」の正体
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
講師:齋藤真嗣氏(ニューヨーク州医師/腫瘍内科・感染症専門医)
 
<< 夜の部 >>19時〜21時(予定)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   老けない、太らない、病気にならない24時間の過ごし方
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
講師:根来秀行氏 (ハーバード大学医学部内科客員教授)
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   細胞を活性化!「5-アミノレブリン酸」の正体
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
講師:齋藤真嗣氏(ニューヨーク州医師/腫瘍内科・感染症専門医)
 
 
◆ お申し込み方法 ◆
以下のフォームからお申し込みください。
 ※お申込みフォームの最後の設問  「どのメルマガを見て当セミナーをお知りになりましたか?」欄に必ず「ララ・ソロモン」とご記入ください。
 
 
◆ お申込み期限 ◆
2013年11月22日(金)
 
◆ お申込み後のご連絡 ◆
当選された方にはご招待のご案内をメールにてお送りいたします。
当日はご招待のメールをプリントアウトして受付へご提出ください。
 
みなさまのお申込みを心よりお待ちしております!
 
———————————————————
【主催】
特定非営利活動法人 次代の創造工房
電話:03-6272-6252 ※平日10:00〜17:00
 
【協力】
株式会社SPE
———————————————————