知ってるようで知らない、はちみつ① -ヒトとはちみつの深いかかわり-

Pocket

ララ・ソロモンとも関係の深い自然の恵みが育むはちみつ。日ごろ身近なはちみつも、実はよく知らないことが多いもの。第1回目の今回は、「はちみつの歴史」についてご紹介します。

「はちみつの歴史は人類の歴史」!?
英国には、”The history of honey is the history of mankind.”(はちみつの歴史は人類の歴史)ということわざがあります。そのことわざの通り、人々は古くからはちみつを生活に取り入れてきました。1万年前には天然のはちみつが食べられていたというほどはちみつの歴史は古いと考えられています。ギリシア神話には、アリスタイオスという養蜂の神が養蜂の技術を発明したとされ、はちみつは古くから重宝されていたと伝えられています。

西洋では紀元前5000〜6000年ごろから養蜂が行われていた記録があり、スペイン東部のラ・アラーニャ洞窟の壁には、野生の蜂蜜を採取する古代人の姿が描かれているといいます。一方、日本では、600年代には養蜂が行われていたという記録が「日本書紀」にあり、はちみつは宮中への献上品やお供え物としてもとても貴重なものでした。平安時代の貴族は、香木を混ぜ合わせて「練香」を作る“つなぎ”として、はちみつを使っていたとも伝えられてます。本格的に養蜂が始まったのは江戸時代と考えられていますが、明治時代以降は西洋ミツバチとともに最新の養蜂器具がもたらされ、養蜂業が盛んになっていきました。現在見られる「近代養蜂」が見られるようになるのは19世紀半ばのことです。
1960年代には、自然回帰ムーブメントを機にはちみつが注目され、世界中で多くの研究がされました。効率よくはちみつを集められる巣箱の設置方法や移動養蜂など、多くのことが解明され、養蜂業の発展につながりました。しかしその一方で、今でもアフリカやアジア、アマゾンの各地では何千年前と同じ方法で野生のはちみつが採られていたりもします。これだけテクノロジーが進化している現在も、養蜂はほとんどが手作業で行われ、人間ができる部分は昔からほとんど変わらないため、自然の恵みがすべてといっても過言ではありません。

次回は、はちみつがどうやってできるのか、また、はちみつの栄養についてご紹介します。

保湿クリームの無料トライアルお届け中!

エクストラ モイスチャークリームに配合されているALAは、細胞を活性化することで「代謝水」の生成を促し、潤いあふれる若々しい素肌へと導きます。

無料でお試しいただけるこの機会をぜひお見逃しなく!
※規定数量に達し次第終了となります。

▼ 無料トライアルクリーム(1.5g×2包)のお申し込みはこちらから ▼
http://www.lala-solomon.jp/cream_trial

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です