ココナッツとはちみつの簡単リップバームの作り方

Pocket

ココナッツとはちみつのリップバーム

材料

  • ココナッツオイル 10g
  • みつろう 2g
  • はちみつ 2g
  • 口紅 少々(色付けしたい場合のみ)

作り方

  1. ココナッツオイルとみつろうをボールに入れて、湯煎にかけながらゆっくり溶かします。(色付けしたい場合には、口紅を少し削りとったものも入れます。)
  2. みつろうが溶けたら湯煎からはずして、はちみつを加えてよく混ぜます。
  3. はちみつがしっかりと混ざったら、保存容器に移します。

色付けしなければ、全身に使える万能バームです。
オイルとはちみつは混ざりにくいので、冷え固まる段階ではちみつをしっかりと混ぜ合わせるのがポイントです。(混ぜ方が足りないと、容器の底にはちみつだけ溜まってしまいます。)それでもはちみつが溶けきれずに多少粒っぽくなる感じはあるのですが、問題ありません。

ココナッツオイルが大体25℃くらいで溶けるので、暖かい部屋に置いておくとゆるめになります。少し固めのテクスチャーがお好みの方は、みつろうを1gほど増やして、固さを調整してみてくださいね。

洗いあがりしっとり!ココナッツオイル&はちみつ配合せっけんを作りました

Pocket

coconut&honeysoap

先日、初めて手作りせっけんに挑戦しました。
シンプルな配合で肌に優しく、しっとり洗い上がるせっけんを求めていたのですが、お店で売っているものだと実際使ってみるまでわからないし、そんなにたくさん試せないし…と思い、安全性が高く、しっとりしそうな原料を組み合わせて作ってみました。

材料は以下の通り。

  • オリーブオイル 250g
  • ココナッツオイル 150g
  • パームオイル 100g
  • 精製水 150g
  • はちみつ(ソロモンハニーを使用) 10g
  • 苛性ソーダ 69g

多少の温度調整は必要になりますが、基本的には混ぜて固めるだけ。しかし、熱を加えないで油脂とアルカリをゆっくりと反応(鹸化)させるコールドプロセス製法という方法なので、2ヶ月ほど乾燥させてようやく完成です。乾かす時間が長く、保存が難しいなどの欠点はあるのですが、原料の有効成分がしっかりと残り、泡立ちもとても良く洗いあがりもしっとりと、とても気に入っています。

先日ははちみつを使ったリップバームも作ったので、次回はせっけんよりも簡単に作れるはちみつリップバームの作り方をご紹介します。
お楽しみに!

「ガサガサかかと」におすすめ!シュガースクラブの作り方

Pocket

『乾燥が気になる部位』で常に上位にランクインする「かかと」。
角質層が厚く、乾燥しやすい部分だけに、「ガサガサかかと」で悩んでいる方は意外と多いようです。
今日はそんな「ガサガサかかと」ケアにおすすめのスクラブをご紹介します!

Coconut Honey Sugar Scrub
Coconut Honey Sugar Scrub
(ココナッツハニーシュガースクラブ)

材料(2~3回分)

  • ココナッツオイル 1/3カップ
  • グラニュー糖 1/3カップ
  • ハチミツ スプーン1杯

清潔な容器に材料を入れて混ぜるだけの簡単ナチュラルスクラブ。
適量を手に取り、やさしくかかとをマッサージ。

グラニュー糖が体温で溶けていくので、肌を傷つけることなくやさしく角質ケアができ、ココナッツオイル+ハチミツがしっかりと保湿してくれるので、あっという間に「つるつるかかと」に。
週に2~3度のケアをおすすめします。

最近何かと話題のココナッツオイル。ソロモン諸島など常夏の国では、多くの女性が全身の保湿や虫さされのケアなどに活用しています。強い陽射しの下でもシミ、シワひとつない美しい肌の持ち主が多いこともあり、多くの美容研究家が注目している天然の高保湿クリームなんですよ!
ココナッツオイルの可能性を追求したこんな本も出ています。

天然の恵みと知恵を活かしたスクラブを取り入れて、サンダルの季節を楽しみましょう!