5-ALAでウィルス抑制へ

Pocket

5‒ALAを用いた特定臨床研究が開始
昨春から猛威を振るってきた新型コロナウイルス感染症に対する治療薬・ワクチンの開発が各地で進んできましたが、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新型コロナウイルス感染症患者を対象とした特定臨床研究が始まりました。この臨床研究の前に実施された長崎大学の5-ALAによる感染試験では、試験管内での細胞にある一定量以上の5-ALAを加えると、ウイルスの増殖を防ぐ効果があることが確認されています。

なぜ5‒ALAが特定臨床研究?
元々5-ALAは、抗体(※1)の機能を向上させる機能を備えていることから、長崎大学の熱帯医学・グローバルヘルス研究科で5‒ALAを使ったマラリアの治療薬の研究が進められていました。その研究過程で、様々な感染症への治療効果が期待できるのではないかということから、新型コロナウイルスへの研究が着手されました。長崎大学大学院の北潔教授によると、「ウィルスが細胞に侵入するところをまずは阻害する細胞に、たとえ入ったとしてもスパイクたんぱく質(※2)に結合して、細胞に入ったウイルスの増殖を抑制することで、新型コロナの予防もでき、治療もできる可能性がある。5-ALAにはそういったメリットがある。」と説明しています。今回始まった特定臨床研究で、一定の効果を確認した段階で治験へと進み、製薬の認可を目指しています。

※1 抗体は、異物を認識して結合する働きと、免疫を担う細胞を活性化させて異物を排除する働きをします。
※2 スパイクタンパク質とは、新型コロナウイルスの表面にあるタンパク質で、ヒト細胞の表面に存在するタンパク質の機能を変化させることにより感染を促進させます。

養豚の様子のイメージ写真

アフリカ豚熱の感染予防にも5-ALAを利用
アフリカ豚熱は、豚やイノシシに感染する致死率の高い伝染病で、日本ではまだ確認されていませんが、アフリカをはじめ、ロシアやアジアで発生しています。現在、この病気に対する有効な治療法やワクチンはないのですが、アフリカ豚熱の蔓延を防ぐため、5-ALAを飼料に配合した研究がベトナムで始まっています。5-ALAが防御機能の一番最上流のところに働きかけるため、下流にある様々な防御機能が一緒に動き出すことで、感染防御の効果が示されています。

5-ALAは、細胞内で作られる、天然に存在するアミノ酸の一種なので、健康食品や化粧品の原料としても安全性が高く、ワクチンのように温度管理が難しいものではありません。製薬としての認可が下りると、日本に限らず、途上国などワクチンを届けづらいような地域でも供給できる可能性が高くなってきます。新型コロナウイルス感染症に対する様々な治療薬が開発されている中で、5-ALAが持っている可能性にもますます期待が高まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です