新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

Pocket

新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

ある一定以上の濃度の5-ALA(5-アミノレブリン酸)を服用すると、新型コロナウィルスの増殖を抑えることが試験管の中の実験で確認されたことから、2021年2月から5‒ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた、新型コロナに対する特定臨床研究が始まりました。

新型コロナウィルスの表面には、特徴的な突起が付いています。この突起の見た目が王冠に似ていることから、ラテン語で王冠を意味する『corona(コロナ)』の名前がつけらたそうです。この王冠の突起の部分は「スパイクタンパク」と呼ばれ、突起を使って人の細胞の表面にある受容体(ACE2)にくっついて細胞内に侵入し、感染がはじまります。

なぜ5‒ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するのか?

5-ALA自体は、もともと体内で作られるアミノ酸の一種ですが、5-ALAを体外から投与すると体内で「PP9(プロトポルフィリンⅨ)」という化合物が作られます。このPP9が、侵入してきたスパイクタンパクとくっつき、人の受容体と結合する前に侵入を防いでくれるということが分かってきました。感染を抑えることで、症状が軽くなったり、重症化するのを防ぐ効果も期待されています。

細胞へ侵入しようとする新型コロナウィルスのイメージ

「マラリア薬の研究」がヒントに!

世界三大感染症のひとつである「マラリア」の病原体の遺伝子配列の中に「G4構造」と呼ばれている部分があります。日本でマラリアの治療薬の研究を行っている長崎大学熱帯医学グローバルヘルス研究科の北潔教授のチームは、5-ALAによるマラリアへの治療効果をこれまで確認してきました。実は、この「G4構造」は、新型コロナウイルスの病原体も持っている配列で、そこにマラリアとの共通点を見出した北潔教授は、5-ALAの結合がコロナ感染を抑制している可能性に辿り着き、増殖を抑えるという実験結果を導き出しました。北教授は、「もともと我々の体内にあるアミノ酸で、安全性も高く、室温でも安定していて保存性も高い。ワクチンのようにフリーザーを必要としないので、非の打ち所がない、非常に優れた成分である」と話しています。

ウィルス増殖を抑制する5‒ALAの本当の姿

5-ALAは、36億年前の生命の誕生にも関わったと考えられているアミノ酸で、「命の根源物質」といわれています。人の体内のミトコンドリアという所で作られますが、加齢と共に体内で作り出す力が低下していきます。5-ALAを作る力が落ちてくると、酸素を使う力が弱まり、動いたりするためのエネルギーも作ることができず、体温が下がり、免疫力が落ちていきます。この5-ALAが知られるようになったのは今から約10年ほど前になります。人工的に安定して作れることがわかり、サプリメントや化粧品が登場してきました。また、医療現場ではがんの診断薬や、海外では皮膚がんの治療薬としても活用されています。5-ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するということが様々なメディアなどで取り上げられ一躍有名になりましたが、多くの苦しむ人の元へ、少しでも早く届けられるようにならなければなりません。

※参照
長崎大学HPより
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です