一言で伝えきれないALAの魅力

Pocket

植物にも動物にも存在するALA
ALA(5-アミノレブリン酸)は、動物だけでなく植物の生体内にも含まれるアミノ酸で、生命維持のための重要な役割を担っています。
動物の場合は、血液中のヘモグロビンの原料になったり、植物の場合は葉緑素の原料になります。この『原料になる』というところが、ALAの大きな特徴です。

 

食糧問題の解決にもALAが…
現在、途上国では清潔な水や食料が不足し、“食糧問題”は今後さらに深刻な課題になるといわれています。しかし、環境問題や気候変動の影響で、これ以上農地を増やせない場合や、肥料の過剰投与による影響から、これ以上肥料を投与しても収穫量は上がらず、むしろ過剰投与した肥料が環境に悪影響を与えてしまうといった事態も起きています。
現在、ALAは肥料としても販売されていますが、肥料にALAを加えることで光合成を盛んにするだけでなく肥料の吸収もよくするため、土地の環境にも配慮しながら、収穫量を上げることができ、今後ALAが肥料として広まっていくと、食糧問題の解決の一つの糸口にもなります。

ALA比較ー

 

 

家畜の免疫力を高めて…
一方で、家畜の分野でも大きな可能性があります。現在、一般的な家畜の餌には大量の抗生物質が投与されており、世界で使われている抗生物質の大半は家畜に使われているといわれています。
密集した環境で育てられている家畜は、感染症のリスクが高くなり、さらに抗生物質の効かない種類の菌が増えてきたため、大量の抗生物質が使われています。
それでは、家畜にALAを投与するとどうなるのでしょうか。
ALAは、細胞内のミトコンドリアを元気にしてくれるので、免疫力が増し、菌に対する抵抗力をつけることが可能になります。自らの免疫力を上げれば、抗生物質を大量に投与することなく、自らが持つ抵抗力で病気を予防できるようになるのです。

 

img_ala_04

 

私たちにとってのALA
それではヒトの分野ではどうでしょうか。
現在では、ALAが配合された化粧品、健康食品が販売されています。また医療の分野でも様々な研究が進められています。
たとえば、ALAを利用したがん検診がその一つです。ALAは体内に取り込まれると、「ポルフェリン」という成分に変化します。その時に、ある特殊な光を当てると、がん細胞に集積したポルフィリンが光るのです。この特徴を活かして、ALAを利用した癌の摘出手術が行われています。また、ALAが抗癌作用を持つ可能性があるのではないかということを想定した研究も進められています。
ALAには植物から動物まで、様々な分野で役立つ可能性を秘めているのです。

 

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸、ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与するタンパク質の原料なる重要な物質です。しかし、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。酎粕や赤ワイン、かいわれ大根れなどの食品にも多く含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。

「ガサガサかかと」におすすめ!シュガースクラブの作り方

Pocket

『乾燥が気になる部位』で常に上位にランクインする「かかと」。
角質層が厚く、乾燥しやすい部分だけに、「ガサガサかかと」で悩んでいる方は意外と多いようです。
今日はそんな「ガサガサかかと」ケアにおすすめのスクラブをご紹介します!

Coconut Honey Sugar Scrub
Coconut Honey Sugar Scrub
(ココナッツハニーシュガースクラブ)

材料(2~3回分)

  • ココナッツオイル 1/3カップ
  • グラニュー糖 1/3カップ
  • ハチミツ スプーン1杯

清潔な容器に材料を入れて混ぜるだけの簡単ナチュラルスクラブ。
適量を手に取り、やさしくかかとをマッサージ。

グラニュー糖が体温で溶けていくので、肌を傷つけることなくやさしく角質ケアができ、ココナッツオイル+ハチミツがしっかりと保湿してくれるので、あっという間に「つるつるかかと」に。
週に2~3度のケアをおすすめします。

最近何かと話題のココナッツオイル。ソロモン諸島など常夏の国では、多くの女性が全身の保湿や虫さされのケアなどに活用しています。強い陽射しの下でもシミ、シワひとつない美しい肌の持ち主が多いこともあり、多くの美容研究家が注目している天然の高保湿クリームなんですよ!
ココナッツオイルの可能性を追求したこんな本も出ています。

天然の恵みと知恵を活かしたスクラブを取り入れて、サンダルの季節を楽しみましょう!

手に視線が集まる季節。ハンドケアしていますか?

Pocket

毎年この時期になると、日に日に進む乾燥に新しい年を迎える前に干からびてしまうのではないかと思わずにはいられないのですが、フェイスケアと同じくらい気になっているのがハンドケア。

手元は年齢を表す部分の一つともいわれており、最近読んだ記事には「手は10年早く老ける」といったことも書いてありました。(恐ろしい!)女性は顔周りや髪に手を持ってくることも多いせいか、人目に触れる機会も少なくなく、男性も女性の手元を見ているという方が少なくないようです。

HT160_L

憧れるのはしっとり潤った透き通るような肌にすらっと伸びたまっすぐの指。
きちんと手入れの届いた指先も、美しい手元には欠かせません。

そんな美しい憧れの手元を手に入れるためにできること、それは実はちょっとしたことの積み重ねなのかもしれません。

例えばハンドクリームを塗る時、どんなふうに塗っていますか?
全体にさらっとなじませるだけという方は、一本一本の指に丁寧になじませてみてください。指の付け根から指先へ優しくすべらせるだけですが、リラックス効果もあるので忙しい仕事の合間の気分転換にもおすすめです。

また、手首も優しくほぐしてあげると手全体の血行がよくなり、より肌がきれいに見えるようです。毎日のケアにぜひ取り入れてみてくださいね。

 

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.**.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.**.*:*.*
ララ・ソロモンでは本日より期間限定でALA配合ハンドクリーム「はたらくて」の販売を開始しました。
以前より多くのお客様よりリクエストをいただいていた商品で、ララ・ソロモン同様にALA(5-アミノレブリン酸)&ソロモンハニーを配合しています。こちらもぜひお試しください。

ALA配合ハンドクリーム「はたらくて」はこちらからご覧いただけます。

“秋の旬”を取り入れて美しく健やかに

Pocket

栗や松茸など秋の味覚が並ぶようになり、食欲の季節がやってきました。

旬の食材をうまく取り入れることは、体が次の季節を迎える準備を整えることにもつながるそうです。夏の間には体を「冷やす」食材が多かったのですが、秋は体を「温める」食材が多いというのも納得ですね。

DV158_L

特に秋の野菜は、今まで暑さでバテていた胃の働きを活発にしたり、お腹の調子を整えるものが多かったり、ストレスや疲れを取り除いてくれるそう。
たとえばレンコンやサツマイモ、カブや銀杏、レタスなどが挙げられます。しいたけやしめじ、松茸などのキノコ類は、低カロリーで食物繊維も豊富なので、健康や美容によさそうです。

DU045_L

また、果物も楽しみな秋の味覚のひとつ。柿やブドウ、梨、メロン、無花果など、みずみずしいものがたくさん。中でもブドウは、体内の余分なもの(老廃物)を排出してくれたり血行を促進してくれる成分が含まれ、脚のむくみなどに効果的な食材といわれています。

秋の魚といえば鮭!鮭には天然の赤い色素でカロチノイドの一種であるアスタキサンチンが含まれています。抗酸化力が高く「若返りのビタミン」と呼ばれている通り、その力はビタミンEの約1000倍!ともいわれています。

今が旬の食材を積極的に取り入れて、美しく健康に過ごしたいですね!

夏の疲れを癒やす「ハーブ」を使ったビューティケア

Pocket

朝のひんやりとした空気に高い空。
日が落ちるのもすっかり早くなり、秋の気配を感じる気候になりました。

夏の疲れを感じている方も多いのでは?
そんな時におすすめなのが「ハーブ」を使ったビューティケア。

HQ048_L

ハーブは、紀元前5000年頃から人々の生活に取り入れられていたという記録があるほど、古代から私達の生活に欠かせないものとされてきました。
その昔、病気が悪魔の仕業だとされていた頃、ハーブは神から与えられた魔法の薬草といわれていたこともあるそうです。
中でも、「カモミール」は古代エジプト人やギリシア人に不思議な力を持つ植物、「最高のハーブ」として崇拝されてきました。
カモミールはリラックス効果が高く、睡眠前のカモミールティーはおすすめです。ぐっすりと深い眠りにつけるような気がします。

また、カモミールは「ハーブバス」にも最適で、血行を促進したり、皮膚疾患に効果的とされています。

HT013_L

ハーブバスにおすすめなのが「セージ」。セージは疲労回復や美肌、肥満解消に効果的といわれています。
同様に、「ローズマリー」もおすすめです。

セージやローズマリーには髪をつやつやにする効果もあります。
なんと、このハーブで洗い流さないトリートメントができるんですよ!

ハーブトリートメントの作り方

  1. 鍋にドライハーブと水(1:2)を入れます。
  2. 10分ほど煮て、冷まします。
  3. ハーブをこして、保存容器に入れます。

シャンプー後、タオルドライした髪にこのトリートメントをつけるだけ。
保存料などを使用しないので、早めに使い切ることをおすすめします。

身近なハーブを取り入れて夏の疲れをしっかりと癒して秋を迎えたいですね!