5-ALAによる新型コロナウィルスの感染抑制が判明(長崎大学発表)

Pocket

長崎大学では、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新型コロナウィルス感染症に関する研究を行っております。
こちらでは、最新のプレスリリースををご紹介しております。

2021年2月9日
5-アミノレブリン酸(5-ALA)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)原因ウイルスの感染抑制が判明 ~今後の治療薬候補として期待~
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

2020年10月29日
長崎大学による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いた特定臨床研究開始のお知らせ
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/news/news3201.html

大変興味深い内容となっております。
ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です