ALAの不思議な魅力
-寝苦しい夜の快眠法-

Pocket

気温だけでなく「湿度」も不眠の原因!
 暑くて寝苦しい夜がやってきますね。1年の中で夏が一番睡眠時間が短くなるそうですが、「気温が高い」ということに加えて、実は「湿度が高い」ということも睡眠を妨げる大きな要因になっています。
私たちの体は、体や脳を冷やして休息させるために、眠る少し前から体温が少しづつ下がりはじめます。湿度が高い状態だと体に溜まった熱を皮膚から逃しにくくなり、体の奥の体温が下がりづらくなるため、なかなか寝つけなくなります。ですので、寝苦しい夜には、「寝床の湿度」を下げることも快眠するための大切なポイントです。特に湿気がこもりやすいのは、背中と枕の部分。亜麻やい草のシーツを敷いたり、通気性の良い枕へ変えるだけでも、快適に眠れるようになります。

サーカディアンリズムを整えて快眠へ
 快眠のためのポイントは、いくつかありますが、サーカディアンリズムを整えることも大事です。

このサーカディアンリズムとは一般的に「体内時計」といわれ、昼と夜を作り出す1日のリズムのことです。生活習慣の乱れやシフトワークなどにより、このリズムが乱れて不眠が引き起こされますが、私たちの体内では、心地よい眠りに導いてくれるように、メラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが働いています。このメラトニンは、睡眠には欠かせないホルモンの一種ですが、眠りへ誘うほかに抗酸化作用によって新陳代謝を促したり、疲労を回復させてくれる働きをします。まさに、このメラトニンの分泌を促すことができれば快眠できるということです。

メラトニンの分泌を促す方法
❶ 就寝時には暗くしましょう
メラトニンは強い光の元では分泌されにくいという特徴があるので、就寝する1〜2時間前には、部屋の明かりを暖色照明に切りかえて、就寝時には、出来る限り部屋を暗くして眠りましょう。
❷ 起きる時間を固定しましょう
メラトニンの元になるセロトニンという脳内物質がありますが、このセロトニンは精神を安定させる働きを持つホルモンです。太陽の光を浴びると分泌が増え、「朝の目覚めを促す」働きがあります。

サーカディアンリズムが乱れる時には、睡眠に関係の深いこの2つのホルモンの分泌を促してあげることが大事です。

ALA(5-アミノレブリン酸)と睡眠の関係
 直接、ALAと睡眠との関係が解明されているわけではありませんが、ALAを愛飲している方で時差ボケが随分軽くなったと感じるという方が多くいらっしゃいます。ALAそのものは、ヘムと呼ばれるタンパク質の原料になるため、セロトニンやメラトニンの合成に関わる酵素として機能するのではないかという説もあります。

いずれにしても良質な睡眠は、「細胞の修復」や「美肌づくり」「疲労回復」へ導きますので、睡眠時間だけでなくより質の高い睡眠を心がけてください。

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
動物や植物の中のミトコンドリアで作られるアミノ酸の一種で生命を維持するためのエネルギー産生に不可欠な生命の根元物質です。私たちが生きるために必要なエネルギーの元を作ったり、血液の元になります。またエネルギーの元を作る際に副産物として代謝水が生まれ、みずみずしい肌を保つ重要な働きをします。しかし加齢に伴い、体内での生産量が低下することが分かっています。

植物からスマホを充電!ALAが応用できるかも!?

Pocket

【ALA(5-アミノレブリン酸)をご存じない方はまずこちらをお読みください】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ALA(アラ)は、動物や植物の中にあるミトコンドリアで作られるアミノ酸の一種で、生命を維持するためのエネルギー産生に欠かせない成分です。
人や動物の体内では動くために必要なエネルギーの元を作ったり、血液の元になります。またALAがエネルギーの元を作る際に副産物として代謝水が生まれます。この代謝水が若々しくみずみずしいお肌を保つ重要な働きをします。一方植物体内では、葉緑素の原料となり光合成を向上することで、葉や根の生長が促進され、収量や糖度がアップするなどALAの働きは多岐に渡ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

植物からスマホを充電
今、植物の光合成を利用して発電ができる「Bioo Lite」という植木鉢が注目を集めています。
見た目は普通の植木鉢ですが充電用のUSBケーブルが搭載され、スマートフォンやタブレットなどの電子デバイスを充電することができるというものです。
植物は太陽の光を受けて二酸化炭素と水から、光合成を行いますが、この植木鉢は植物が光合成を行う時に生成される水素と酸素を化学反応させて電気を生み出します。光合成が盛んに行われる植物を植えると生み出される電力も多くなります。

スマホを充電できる植木鉢Bioo Lite

スマホを充電できる植木鉢Bioo Lite(出典:Indiegogo)

この植木鉢の発電能力は出力が3.5V、0.5Aと少し頼りないですが、植物が生きるために自然に行う光合成を利用するので環境にも優しく、電力消費を抑えてくれる一助になりそうです。

ALAを使って更に充電効率をあげられるかも!?
ALAは植物体内で、光合成を向上させますが、この植木鉢で育てている植物にALA配合の肥料を与えると充電能力も高まる可能性があります。下記の動画は、ALA配合肥料を使った生長比較の実験映像です。
生長の違いが良くわかるのでぜひご覧になってください。

【ALA配合肥料生長比較動画/36秒】

すでにALAは、健康、医療、美容、農業と幅広い分野で応用活用されていますが、このようなバイオエネルギーの分野にまで応用できる未来もそう遠くないかもしれません!

【Bioo Liteの詳しい情報はこちらから】
Bioo Lite – Charge your Phone with the Power of a Plant
https://www.indiegogo.com/projects/bioo-charge-your-phone-with-the-power-of-a-plant#/

ALAの不思議な魅力
-植物にも存在するALA-

Pocket

植物の中で働くALA
家庭菜園をはじめるいい季節になってきました。最近では室内でも気軽に育てられる水耕栽培のキットなども充実していますので、自宅で手作り野菜を作ってみてはいかがでしょうか。

さて、私たちの体の中で重要な働きをするALA(5-アミノレブリン酸)が実は植物にも含まれていて、植物が生長していくためにとても大切な働きをしているのをご存知ですか?
ALAは私たちの体の中で、鉄やミネラルなどと合成を繰り返し、ヘムやビタミンB12など様々な物質に姿を変えていきます。最近では、体内の糖代謝を高めて血糖値を下げるという研究結果が発表され、ますます注目されるようになってきました。植物の場合もALAはマグネシウムと組み合わさることで姿を変え、光合成に欠かせない葉緑素の原料へと変化します。

光合成が活発になって植物が丈夫に!
ご存知のように、葉緑素は植物にとって血液のようなもので、植物が生長していくためには欠かせないものです。植物は、太陽の光と水と二酸化炭素を使って光合成を行い、酸素や糖を作り、生長していきます。もともとALAは、植物の中でも作られていますが、外から与えることで糖の流れを促し、光合成をさらに活発にしてくれます。光合成が活発になることで植物は丈夫で元気になり、果実の場合は収量が増えて旨味も増すことから、ALAは肥料としても利用されています。

ALAを与えると光合成が活発になるので、植物の苦手なあまり日の当たらない場所でも驚くほど植物がすくすくと育ちます。また、根からの栄養吸収を高めてくれるので、栄養状態が良く、丈夫で元気な植物に育ちます。通常なら枯れてしまうほどの低温や塩分の多い場所でも、ALAを与えるとたくましく育ってくれるのです。

ALA誕生のキッカケは除草剤の開発から!?
植物の生長を支えてくれるALAですが、もともとは肥料として開発されていたわけではありません。ALAの植物に対する研究が初められた頃は、毒性の強い除草剤に対して、土壌に残らない安全な除草剤として開発されていました。ところが、実験中に枯らすはずだった予定の植物にALAの配合を間違えて与えたところ、思いの外、植物が元気よく生えてきたのです。この思わぬ実験の失敗がきっかけとなり、ALAを肥料へと応用する研究開発が始まりました。今では、多くのプロの農家さんに使用され、海外でも高く評価されています。

家庭菜園やプランターで野菜を育てる場合は、ぜひALA配合肥料をおすすめします。植物はALAの効果が目に見えやすいので、楽しみが増えますよ!

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸、ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与するタンパク質の原料なる重要な物質です。しかし、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。焼酎粕や赤ワイン、かいわれ大根れなどの食品にも多く含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。

ALAの不思議な魅力
-かくれ糖尿病にご用心-

Pocket

女性にも増加中の「かくれ糖尿病」
「糖尿病」といえば中高年の太った男性に多いというイメージがありますが、実は女性や痩せている体型の人でも「かくれ糖尿病」と言われる人が増えています。糖尿病を引き起こす主な原因と言えば、「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」「運動不足」がよく挙げられますが、糖を代謝する能力は人によって差があるため、糖尿病に「かかりやすい人」と「かかりづらい人」がいるようです。

通常、食べ物から得たブドウ糖はインスリンというホルモンが分泌され、その働きによって細胞の中できちんとエネルギーに変わり働いてくれるのですが、糖尿病の場合はインスリンの分泌が少なかったりうまく働かないため、ブドウ糖が血液の中に大量に余り、代謝されずに尿から流れ出てきます。そのため、ブドウ糖をうまく取り込めない細胞は、栄養というエネルギーをもらえず、元気がなくなってしまいます。ですから、糖尿病の人はインスリンを体外から取り入れて、血液中のブドウ糖(血糖)をスムーズに細胞にとり込ませるようにしています。

血糖値の上昇を抑える腸のスイッチで糖尿病をブロックする体質に変える!
最近の研究では、血糖値の上昇を防ぐためにインスリンを分泌させるスイッチが、小腸の中にあることが分かってきました。腸の中にはたくさんの腸内細菌がいて、良い腸内細菌が多い状態になれば、インスリンを分泌させるスイッチが増え、インスリンの分泌量も多くなります。
なかでも血糖値を下げる力を引き出す腸内細菌に、「バクテロイデス」と呼ばれる細菌があるのですが、この菌が増えればインスリンを出させるスイッチが増えるようです。

水溶性食物繊維でインスリンスイッチON!
では、どうやればインスリンを出させるスイッチが増やせるのでしょうか?
血糖値を下げる腸内細菌のエサになるのが、エシャロットやにんにく、ごぼうなどの根菜類、きのこ類、海藻類、納豆などに含まれる水溶性食物繊維です。また、ヨーグルトも腸内環境を整えるのにはとても良いそうです。さらに腸のパワーを引き出すために魚がいいといわれ、魚に含まれるDHAやEPAといった多価不飽和脂肪酸にはインスリン分泌を促す作用があります。魚を多く食べた人ほど血糖値が改善しているという調査結果もあるようです。
さらに食べる順番も大切です。まずは野菜、そして魚、最後にご飯。食物繊維やタンパク質を先に食べて血糖値の上昇を穏やかにさせます。このような食べ方はただ血糖値を下げるというだけでなく、腸内環境を整えて健やかな体へと導いてくれるので、ぜひ普段のお食事でも気をつけてみてはいかがでしょうか。

ALAと血糖値の関係
最近、ALA(5-アミノレブリン酸)が、血糖値のコントロールに役立つと注目されています。ALAは元々体内で作られるアミノ酸で、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があり、ブドウ糖をエネルギーに変えることで血糖値を下げる効果があると言われています。

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸、ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与するタンパク質の原料なる重要な物質です。しかし、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。焼酎粕や赤ワイン、かいわれ大根れなどの食品にも多く含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。

ALAの不思議な魅力
-冷えと安眠の関係-

Pocket

冷えと安眠の関係
 冬になると「体が冷えて寝つきが悪い」という人が多くいますが、体が冷えたままだと眠りが浅く、翌朝疲れが残りやすくなってしまいます。体温は活動している日中は上昇し、夜になり睡眠状態になると下がり、体に溜まった熱を放出するようになります。これは体内時計に働きかける睡眠ホルモン(メラトニン)が影響しており、目覚めてから14〜16時間ほど経過すると、この睡眠ホルモンが分泌されはじめ、体の深部の体温が低下してきます。この体温の変化が眠気のシグナルとなり、自然に眠気を感じるようになります。このホルモンが分泌されはじめるタイミングと就寝のタイミングがうまく重なると、深い睡眠を得ることができますが、忙しい現代の私たちにとって、そううまくタイミングを合わせることはなかなか難しいことではないでしょうか。

実際は、寝始めの頃はまだ少し体温が高く、睡眠状態に入ると体温が下がってくるため、もともと体温が高い人のほうが寝つきが良く、深く良質な睡眠を得ることができるのですが、体が冷えやすい人は日中も体温が上がらず、夜になってもこれ以上体温を下げられないという防衛本能が働き、熱の放出が行われにくくなります。すると、日中に比べて体温の変化が少ないため、眠気のシグナルのスイッチが入りづらくなり、寝つきが悪くなってしまうのです。

質の良い睡眠を得るためには
 就寝前に温めのお風呂に入ったり、温かい飲み物を飲んで体を温めると、質の良い睡眠がとれるようになります。ベッドや布団に入ってからもまだ体が冷えている場合は、冷えを解消するツボを押さえるのも効果的です。中でも足の裏にある「涌泉(ゆうせん)」というツボは簡単に押すことができるのでおすすめです。足の指を曲げた時にできるくぼみの真ん中を、親指の腹でゆっくりと力を入れて5秒ぐらい押して、5秒ぐらいかけてゆっくり離します。それを10回ほど繰り返します。
このツボは、元気のツボと言われて血液循環を促しますので、冷えだけでなく、むくみや足の疲れなどにもおすすめです。

 もともと私たちの体には、自分で治ろうとする自然治癒力が備わっています。少し病気の原因になるものが発生しても自然治癒力がはたらく間は、元に戻ることができます。ところが、「冷え」が体に潜んでいると血行が悪くなり、細胞まで栄養が行き渡らず、自然治癒力が弱まってきて病毒に侵されてしまいます。

ALAで体温が上がる!
 実は、ALA(5-アミノレブリン酸)も体温に深く関わり、ALAによって体温が上がることがわかっています。ALAを摂取すると、「UCP」と呼ばれる体温を上げる働きをするたんぱく質を増やすため、約4時間後には体温が平均0.2度上昇するという実験結果があります。

体の外からと内側の両方から体を温めて、健康の要である冷えない体作りを心がけましょう。

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸、ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与するタンパク質の原料なる重要な物質です。しかし、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。焼酎粕や赤ワイン、かいわれ大根れなどの食品にも多く含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。