一言で伝えきれない5-ALAの魅力
ミネラルとの関係を紐解く

Pocket

ミネラルとの相性がとてもいい5-ALA!
5-ALAは、細胞の中のミトコンドリアという小器官でミネラルの一種である鉄(Fe)と結合し、ヘムという物質へ変化していきます。そこにグロビンという物質が結合することでヘモグロビンというタンパク質になります。このヘモグロビンは全身の組織へ酸素を運搬する働きがあり、ヘモグロビンの量が少なくなると疲れやすくなったり貧血を起こす原因となります。またヘムは、ヒトや動物などのエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)に変化します。
私達が生きていく上で必要なエネルギーはこのATPから得ていて、生命のエネルギー源として非常に重要な物質です。しかし5-ALAだけでは、ATPを作り出すことができません。5-ALAに鉄(Fe)が加えられることによって、ATPを作り出す能力を促進させることができるのです。また、5-ALAにミネラルの一種であるコバルトが加わるとビタミンB12が合成されます。ビタミンB12は造血のビタミンと呼ばれ、赤血球の合成を促します。
その他、亜鉛や銅といったミネラルとも5-ALAは相性がよく、5-ALAが効率よく働くためにはミネラルは欠かすことができない成分です。

ミネラルと相性のいい5-ALA

現代人はミネラル不足!?
5-ALAと相性の良いミネラルですが、ひと口にミネラルといってもたくさんの種類があります。その中で私たちの体に存在し、栄養素として欠かせないものとしてわかっているのが16種類のミネラルで、「主要ミネラル」と「微量ミネラル」に分類されています。「主要ミネラル」はカルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素の7種類、「微量ミネラル」は鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、セレン、マンガン、コバルト、モリブデン、クロムの9種類です。
これらのミネラルはそれぞれ働きが異なり、私たちの体の機能を正常に働かせることに貢献しています。しかし残念なことにミネラルは体の中では作り出すことができないため食事から補うしかありません。近年、摂取量が最も不足しているのがカルシウムで、同じようにカリウムや亜鉛も不足傾向にあります。
その理由は、食生活の変化です。コンビニのおにぎりや、ハンバーガー、ラーメンなどのファストフードなどが中心で極端に野菜が少ない食事をしていたり、乳製品や小魚などを取る機会が減ってきたことが挙げられます。一方で、摂り過ぎに注意する必要があるミネラルもあります。例えばリン。これはカルシウムと結合することで、歯や骨を作るもとになり、細胞のもとにもなる必要不可欠なミネラルですが、リンは加工食品やレトルト食品などの食品添加物に含まれていて、一緒にとったミネラルがリン酸と結合して体外に排出されてしまうのです。銅、鉄、亜鉛の微量ミネラルなどは吸収を阻害されてしまうので、無添加・無調整といった加工度の低い食品を多く食べたほうがいいようです。
体に必要とされるミネラルは積極的に補って、多くを必要としないミネラルは過剰な摂取をしないよう心がけましょう。

自宅やオフィスでできる お手軽ヨガ 〜椅子ヨガ②〜

Pocket

椅子に座ったまま簡単にできる椅子ヨガ!

椅子ヨガは、椅子を使うことで姿勢が保ちやすく、自然と深い呼吸を行うことができます。また、体への負担が少ないので、体が硬い方でも無理なくポーズを取ることができ、リラックスしたい時やリフレッシュしたい時に気軽に取り入れることができます。

今回は、もも裏とお尻をストレッチするポーズをご紹介します。運動した後、前屈しようとすると太ももの裏側が痛くなることがありませんか?太ももの裏側にある筋肉は、3つの筋肉があって総称して「ハムストリング筋」と呼ばれています。走ることが多い人はよく発達する筋で、「ランナー筋」ともいわれています。ハムストリング筋は、疲労しやすく固まりやすい筋ですので、足が疲れている時や下半身の冷えやむくみが気になる方は、ぜひ試してみてください。

椅子ヨガ

  1. 椅子に浅く座り片膝を曲げたまま、片足を前に伸ばしていきます。
  2. 曲げている足の上に両手を置いたら、背中を伸ばしていきます。
  3. 伸ばしたところで、息をゆっくり吸って、息を吐きながら上体を前に倒していきます。
    【ポイント】 前に倒していくときに背中が丸まらないように頭頂を前の方に長く伸ばしてお尻は少し後ろに引くようにイメージで上体を倒していきます。
    【ポイント】 余裕があると足の爪先を天井に向けていくと、足の裏側がさらに伸びていきます。
  4. 深い呼吸を行います。吸って、吐いてを2〜3回ほど繰り返します。
  5. 上体をゆっくり起こしていきます。反対側も同じように行ってください。

Youtubeで紹介しています。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=GBHdtWfnAXk

ヨガ・ピラティス専門スタジオ ヨギフィール

みつばちライフ
– 近年増えている「週末養蜂家」-

Pocket

近年、ミツバチの大量死や環境保護問題への関心の高まりや、人気テレビ番組でミツバチの飼育の方法が紹介されたことをきっかけに、趣味としての養蜂を始める「週末養蜂家」が増えているといいます。特に、費用がかからず、高い専門知識などが必要なく誰でも楽しめる野生のニホンミツバチを飼育する人が多いそうです。興味深いのが、この養蜂は必ずしもはちみつを収穫するための目的で行っている人だけではないということ。せっせと働くニホンミツバチの姿を見て癒やされたり、地域の人とのつながりなど、はちみつだけでなく多くのものを得られるということも人気の理由のようです。

ニホンミツバチの養蜂は、飼育するといっても、野生のニホンミツバチが勝手に巣箱の中に巣を作っているという状態なので、基本的には世話が必要なく手間がかかりません。週末養蜂とはいっても、実際には1ヶ月に1 回、数ヶ月に1 回の世話でも問題なく、ミツバチは勝手にはちみつを集めてくれるといいます。

巣箱とみつばち

ニホンミツバチのはちみつはとても希少だということをご存知ですか?日本で流通しているはちみつ全体量のうち7 % が日本産で、そのうちの1%程度がニホンミツバチのはちみつというとその希少さがわかるのではないでしょうか。そんな希少なはちみつを味わえるというのもやはり週末養蜂の醍醐味といえるでしょう。採れたはちみつをプレゼントしたり、地元のファーマーズマーケットなどで販売することで、はちみつを通じた人のつながりも魅力的ですね。

養蜂というと様々な道具が必要ではないかと思われがちですが、野生のニホンミツバチを飼育するだけの養蜂であれば、用意するのは巣箱とミツバチたちを巣箱に誘引するための「待ち箱ルアー」という小道具のみ。あとはミツバチたちが来るのを待つのみといいますが、この捕獲が簡単ではないそう。捕獲の季節は春先だけなので、入念な準備と運が必要ということです。とはいえ、ミツバチたちが巣箱に入ってくれた時の喜びを想像してみると、春になったら週末養蜂家に挑戦してみたくなってしまったのは私だけでしょうか。

漬けて焼くだけ! ハニーマスタードチキン

Pocket

漬けて焼くだけ! ハニーマスタードチキン

【材料】(15cm型)

  • 鶏もも肉 300g
  • はちみつ 大さじ2
  • マスタード 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1

【作り方】

  1. ボールにすべての材料を入れ、全体になじませます。
  2. 冷蔵庫で2時間ほど寝かせて味をなじませます。
  3. (時間がない場合は短時間でも大丈夫です。)
  4. 油を熱したフライパンにタレごと入れ、焦げないように両面焼きます。
  5. 全体に火が通ったらできあがり。

※ハチミツレシピは、cookpadで公開中です!
ぜひご覧ください。https://cookpad.com/recipe/2690489

この季節だからこそ見直したい保湿ケアの基本

Pocket

乾燥肌だけでなく、小じわやくすみ、肌トラブルなどの改善に保湿が大切だということは、スキンケアの基本としてみなさんもご存知でしょう。それでも肌の状態が改善されない場合、もしかしたら保湿の方法が間違っているのかもしれません。保湿の基本をもう一度見直して、正しい保湿の仕方を身につけて、厳しい冬を乗り切りましょう。

こんな保湿をしている方は注意!
少しの改善で、潤いに満ちた肌に近づけます。

とにかくパッティング命!
化粧水をパッティングして肌になじませることで、「肌へ適度な刺激を与えて血行を良くしてくれる」と聞いたことがあるかもしれません。しかし、強く何度もパッティングすることは肌への刺激になるだけで、実際はあまり効果がありません。化粧水を手のひらにとって軽くなじませたら、顔全体に押し当てるようにして丁寧に保湿してみてください。肌の潤い状態に合わせて、2 、3 度繰り返して化粧水を肌になじませるようにしてみてください。

とにかく保湿クリームをたっぷりつけている
保湿クリームの役割は、肌の潤いを閉じ込めるようにしてあげるヴェールのようなものです。そのクリームを過度にたくさんつけても肌にすべての潤いや栄養が入るわけではありません。化粧水は軽めにして、クリームをたっぷり付けるという方もいるのですが、肌が必要としているのは潤いです。できれば肌のつっぱり感がなくなるくらい化粧水をたっぷりつけて、適量のクリームを顔全体に薄く伸ばしてみてください。ハリやたるみなどの肌悩みがある方は、クリームの前に美容液で栄養を補給してあげるようにしましょう。

長年同じ化粧品を使っている
若い頃からずっと同じスキンケアでを使っていても、肌の状態が変わらず保たれていれば良いのですが、実際にはなかなか難しいことです。年齢を重ねることによって肌の新陳代謝は悪くなりますし、皮脂の分泌量も減ってきます。また、体調やホルモンバランスの変化によっても昔と肌の状態が変わったと感じている方は少なくないと思います。気温の変化に応じて着るものが変わるように、肌の状態の変化に合わせてスキンケアを見直すようにしましょう。