自動車業界で進む
ミツバチを通じた環境貢献

Pocket

なぜ自動車を製造する企業が養蜂を?
ポルシェにベントレー、ランボルギーニにロールス・ロイスと、近年、自動車業界が取り組む養蜂プロジェクトが話題になっています。自動車を製造する企業がなぜ養蜂に取り組んでいるのでしょうか?国の自動車メーカーであるベントレー・モータースは、2019年5月、本拠地である英国・クルーにて12万匹のミツバチと共に「フライングビー(FlyingBees:空飛ぶハチたち)」を開始し、同年9月には、たった2つの巣箱から100瓶以上のハチミツの収穫に成功しました。ベントレーの製造部門担当役員は次のようにコメントしています。
「地域の生物多様性保全に貢献することを目指して、工場の広大な敷地内に巣箱を設置しました。このエリアにはミツバチたちが好む花が数多く植えられているため、養蜂に適しているということもわかりました。小さな一歩を踏み出すことが地域の生物多様性保全につながっています。」

巣箱とミツバチ

ベントレーは、常に環境への負荷を改善する方法を模索していますが、養蜂はその解決法の一つとして、新たな取組みとして取り入れられています。
ロールス・ロイス・モーター・カーズもまた、自然保護活動家、動物・植物学者、栽培者、養蜂家とともに協力し、「ロールス・ロイス養蜂プロジェクト」を展開しています。2017年に設立された養蜂場には6つの巣箱が設置され、約25万匹のミツバチが飛び回り、約400kgのハチミツが収穫されました。ロールス・ロイスも同様に、環境負荷をかける産業に関わる一企業として、英国内でも個体数の減少が問題となっているミツバチを守るとともに、自然環境を守る活動として養蜂プロジェクトに取り組んでいます。

人間の生活は、ミツバチに支えられている
ミツバチは、花の蜜を集めるだけではなく、私たちの毎日の食事に欠かせない野菜や果物などの受粉も行っています。その割合は、世界の野生種子植物の約90%、そして世界の食用作物の75%以上ともいわれ、ミツバチたちがいなくなってしまったら、私たちの生活はこれまでのものとは大きく異なるでしょう。しかし、ミツバチの減少は世界的に問題となっており、人間がこのまま環境に負荷をかけ続けていると、朝のコーヒーやフルーツを楽しむこともできなくなるかもしれません。自然の恵みに感謝して、ミツバチや環境のためにできることを少しずつでも意識していきたいですね。

マスク生活による肌への影響

Pocket

長引くマスク生活で肌の不調を訴える人が続出!

新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認されてから1年以上が経ちました。しかし、いまだに収束の兆しが見えず、1年以上もマスクと共に生活をすることになるとは、想像もしていませんでした。そんなマスク必須生活により、肌に不調や違和感を感じる人が増えています。赤みやかゆみ、ニキビ、乾燥など、マスクによるトラブルはなぜ起きるのでしょうか。

まず、マスクを着けたり外したり、そしてズレを直したりするたびに、肌と繊維が擦れ合います。普段は何気なく繰り返していることなのですが、肌にとってはこれが刺激になり、こすられるたびに角層表面が削られて肌のバリア機能が低下し、デリケートな状態になります。その結果、赤みやかぶれ、ニキビを引き起こしやすくなるのです。また、マスクの中はとても蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。汗をかいたり、皮脂が過剰分泌することからニキビや吹き出物ができやすい状態になっています。最近では、マスクによってアクネ菌が増殖してできるニキビや吹き出物のことを、「マスクネ」「マスクアクネ」と呼んだりもするようです。他にも、マスクによって肌の潤いが奪われてしまうことにより乾燥が起きたり、素材が肌に合わないことや、マスクを洗濯した時の洗剤が繊維に残っていることなども、肌トラブルを引き起こす原因となっています。

マスク生活のイメージ

肌に優しく、より快適なマスク生活のために

マスク生活を送る中で、以前よりファンデーションなどのメイクを控えている方が多いといいます。それ自体は良いのですが、基本的なスキンケアまで控えめになってしまうのはおすすめしません。マスクの刺激にできるだけ負けない肌を整えるために、朝晩の丁寧なスキンケアを心がけて、しっかりと潤いを与えましょう。

こんな時だからこそ、心地よいと感じる香りのものでお手入れするとリラックスできます。鼻先や頬などの特に摩擦が起きやすい部位には、ワセリンなどを塗り、保護膜を作っておくことも肌トラブル対策になります。また、これからは紫外線が強くなりますので、マスク焼けを防ぐためにも日焼け止めを忘れずに。いつかまたマスク無しでも過ごせる日が戻ってくることを願って、今から肌の調子を整えていきましょう。

新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

Pocket

新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

ある一定以上の濃度の5-ALA(5-アミノレブリン酸)を服用すると、新型コロナウィルスの増殖を抑えることが試験管の中の実験で確認されたことから、2021年2月から5‒ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた、新型コロナに対する特定臨床研究が始まりました。

新型コロナウィルスの表面には、特徴的な突起が付いています。この突起の見た目が王冠に似ていることから、ラテン語で王冠を意味する『corona(コロナ)』の名前がつけらたそうです。この王冠の突起の部分は「スパイクタンパク」と呼ばれ、突起を使って人の細胞の表面にある受容体(ACE2)にくっついて細胞内に侵入し、感染がはじまります。

なぜ5‒ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するのか?

5-ALA自体は、もともと体内で作られるアミノ酸の一種ですが、5-ALAを体外から投与すると体内で「PP9(プロトポルフィリンⅨ)」という化合物が作られます。このPP9が、侵入してきたスパイクタンパクとくっつき、人の受容体と結合する前に侵入を防いでくれるということが分かってきました。感染を抑えることで、症状が軽くなったり、重症化するのを防ぐ効果も期待されています。

細胞へ侵入しようとする新型コロナウィルスのイメージ

「マラリア薬の研究」がヒントに!

世界三大感染症のひとつである「マラリア」の病原体の遺伝子配列の中に「G4構造」と呼ばれている部分があります。日本でマラリアの治療薬の研究を行っている長崎大学熱帯医学グローバルヘルス研究科の北潔教授のチームは、5-ALAによるマラリアへの治療効果をこれまで確認してきました。実は、この「G4構造」は、新型コロナウイルスの病原体も持っている配列で、そこにマラリアとの共通点を見出した北潔教授は、5-ALAの結合がコロナ感染を抑制している可能性に辿り着き、増殖を抑えるという実験結果を導き出しました。北教授は、「もともと我々の体内にあるアミノ酸で、安全性も高く、室温でも安定していて保存性も高い。ワクチンのようにフリーザーを必要としないので、非の打ち所がない、非常に優れた成分である」と話しています。

ウィルス増殖を抑制する5‒ALAの本当の姿

5-ALAは、36億年前の生命の誕生にも関わったと考えられているアミノ酸で、「命の根源物質」といわれています。人の体内のミトコンドリアという所で作られますが、加齢と共に体内で作り出す力が低下していきます。5-ALAを作る力が落ちてくると、酸素を使う力が弱まり、動いたりするためのエネルギーも作ることができず、体温が下がり、免疫力が落ちていきます。この5-ALAが知られるようになったのは今から約10年ほど前になります。人工的に安定して作れることがわかり、サプリメントや化粧品が登場してきました。また、医療現場ではがんの診断薬や、海外では皮膚がんの治療薬としても活用されています。5-ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するということが様々なメディアなどで取り上げられ一躍有名になりましたが、多くの苦しむ人の元へ、少しでも早く届けられるようにならなければなりません。

※参照
長崎大学HPより
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

はちみつバター餅

Pocket

はちみつバター餅

お餅をあっという間に食べてしまうレシピ

【材料】

  • 餅2個
  • はちみつ小さじ2
  • バター10g
  • 塩少々

【作り方】

  1. 軽く水にくぐらせた餅を耐熱容器に入れ、ラップをして600Wの電子レンジで1分20秒加熱します。
  2. 加熱した餅に塩少々とバターを絡ませ、はちみつをかけてできあがり。

・加熱時間は電子レンジにより差があるので適宜調整してください。
・塩はほんの少しで大丈夫です。
・お好みで粗挽きブラックペッパーや醤油をほんの少しかけるのもおすすめです

はちみつレシピは、cookpad(クックパッド)で公開中です!
https://cookpad.com/recipe/6571426

5-ALAによる新型コロナウィルスの感染抑制が判明(長崎大学発表)

Pocket

長崎大学では、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新型コロナウィルス感染症に関する研究を行っております。
こちらでは、最新のプレスリリースををご紹介しております。

2021年2月9日
5-アミノレブリン酸(5-ALA)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)原因ウイルスの感染抑制が判明 ~今後の治療薬候補として期待~
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

2020年10月29日
長崎大学による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に対する5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いた特定臨床研究開始のお知らせ
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/news/news3201.html

大変興味深い内容となっております。
ぜひご覧ください。