マスク生活による肌への影響

Pocket

長引くマスク生活で肌の不調を訴える人が続出!

新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認されてから1年以上が経ちました。しかし、いまだに収束の兆しが見えず、1年以上もマスクと共に生活をすることになるとは、想像もしていませんでした。そんなマスク必須生活により、肌に不調や違和感を感じる人が増えています。赤みやかゆみ、ニキビ、乾燥など、マスクによるトラブルはなぜ起きるのでしょうか。

まず、マスクを着けたり外したり、そしてズレを直したりするたびに、肌と繊維が擦れ合います。普段は何気なく繰り返していることなのですが、肌にとってはこれが刺激になり、こすられるたびに角層表面が削られて肌のバリア機能が低下し、デリケートな状態になります。その結果、赤みやかぶれ、ニキビを引き起こしやすくなるのです。また、マスクの中はとても蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。汗をかいたり、皮脂が過剰分泌することからニキビや吹き出物ができやすい状態になっています。最近では、マスクによってアクネ菌が増殖してできるニキビや吹き出物のことを、「マスクネ」「マスクアクネ」と呼んだりもするようです。他にも、マスクによって肌の潤いが奪われてしまうことにより乾燥が起きたり、素材が肌に合わないことや、マスクを洗濯した時の洗剤が繊維に残っていることなども、肌トラブルを引き起こす原因となっています。

マスク生活のイメージ

肌に優しく、より快適なマスク生活のために

マスク生活を送る中で、以前よりファンデーションなどのメイクを控えている方が多いといいます。それ自体は良いのですが、基本的なスキンケアまで控えめになってしまうのはおすすめしません。マスクの刺激にできるだけ負けない肌を整えるために、朝晩の丁寧なスキンケアを心がけて、しっかりと潤いを与えましょう。

こんな時だからこそ、心地よいと感じる香りのものでお手入れするとリラックスできます。鼻先や頬などの特に摩擦が起きやすい部位には、ワセリンなどを塗り、保護膜を作っておくことも肌トラブル対策になります。また、これからは紫外線が強くなりますので、マスク焼けを防ぐためにも日焼け止めを忘れずに。いつかまたマスク無しでも過ごせる日が戻ってくることを願って、今から肌の調子を整えていきましょう。

新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

Pocket

新型コロナウィルスの増殖を抑制する5‒ALA

ある一定以上の濃度の5-ALA(5-アミノレブリン酸)を服用すると、新型コロナウィルスの増殖を抑えることが試験管の中の実験で確認されたことから、2021年2月から5‒ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた、新型コロナに対する特定臨床研究が始まりました。

新型コロナウィルスの表面には、特徴的な突起が付いています。この突起の見た目が王冠に似ていることから、ラテン語で王冠を意味する『corona(コロナ)』の名前がつけらたそうです。この王冠の突起の部分は「スパイクタンパク」と呼ばれ、突起を使って人の細胞の表面にある受容体(ACE2)にくっついて細胞内に侵入し、感染がはじまります。

なぜ5‒ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するのか?

5-ALA自体は、もともと体内で作られるアミノ酸の一種ですが、5-ALAを体外から投与すると体内で「PP9(プロトポルフィリンⅨ)」という化合物が作られます。このPP9が、侵入してきたスパイクタンパクとくっつき、人の受容体と結合する前に侵入を防いでくれるということが分かってきました。感染を抑えることで、症状が軽くなったり、重症化するのを防ぐ効果も期待されています。

細胞へ侵入しようとする新型コロナウィルスのイメージ

「マラリア薬の研究」がヒントに!

世界三大感染症のひとつである「マラリア」の病原体の遺伝子配列の中に「G4構造」と呼ばれている部分があります。日本でマラリアの治療薬の研究を行っている長崎大学熱帯医学グローバルヘルス研究科の北潔教授のチームは、5-ALAによるマラリアへの治療効果をこれまで確認してきました。実は、この「G4構造」は、新型コロナウイルスの病原体も持っている配列で、そこにマラリアとの共通点を見出した北潔教授は、5-ALAの結合がコロナ感染を抑制している可能性に辿り着き、増殖を抑えるという実験結果を導き出しました。北教授は、「もともと我々の体内にあるアミノ酸で、安全性も高く、室温でも安定していて保存性も高い。ワクチンのようにフリーザーを必要としないので、非の打ち所がない、非常に優れた成分である」と話しています。

ウィルス増殖を抑制する5‒ALAの本当の姿

5-ALAは、36億年前の生命の誕生にも関わったと考えられているアミノ酸で、「命の根源物質」といわれています。人の体内のミトコンドリアという所で作られますが、加齢と共に体内で作り出す力が低下していきます。5-ALAを作る力が落ちてくると、酸素を使う力が弱まり、動いたりするためのエネルギーも作ることができず、体温が下がり、免疫力が落ちていきます。この5-ALAが知られるようになったのは今から約10年ほど前になります。人工的に安定して作れることがわかり、サプリメントや化粧品が登場してきました。また、医療現場ではがんの診断薬や、海外では皮膚がんの治療薬としても活用されています。5-ALAが新型コロナウィルスの増殖を抑制するということが様々なメディアなどで取り上げられ一躍有名になりましたが、多くの苦しむ人の元へ、少しでも早く届けられるようにならなければなりません。

※参照
長崎大学HPより
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/science225.html

美肌の共通点を探る

Pocket

”いいヒフの日”である11月12日、女性の肌の美しさを全国47都道府県で順位付けした「新ニッポン美肌県グランプリ2020」が発表され、石川県が総合1位を獲得しました。2位には秋田県、3位は山梨県がランクインしました。この調査は、1989年から31年間に渡り女性の肌を見続けている化粧品会社のポーラが行っているもので、全国の女性の肌の「水分量」「毛穴」「きめ」など18項目について分析され、2012年から発表されています。毎年注目のランキングですが、上位にランクインした場所にはある共通点が見えてきました。

美しい肌

上位にランクインした場所で育まれる美肌の特徴
1位を獲得した石川県は、肌の水分量が全国で最も多く、毛穴が目立ちにくく、ハリがあるという点が評価されました。石川県は年間降水日数が全国1位で、1年の半分以上が雨か雪ということで、こうした気候が肌の水分量に影響しているのではないかと考えられています。2位の秋田県は、肌の明るさや透明感、ハリがある点が評価されました。秋田市の年間日照時間が全国で一番短い、ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。日照時間が短いということは、紫外線から受ける肌への影響が比較的少なく、透明感のある肌を育むことにつながっていると考えられます。また、今回の総合順位ではTOP3入りを逃したものの、4部門で1位、1部門で2位を獲得した鳥取県も同様に、自然環境に恵まれていることが美肌につながっていることが見えてきます。鳥取県は、空気中の水分量が比較的多いということで、それが肌の潤いに影響を与え、「明るく透明感があり、毛穴が目立たないなめらか肌」との高評価につながったようです。

美肌を育む場所の共通点
美肌が多いと言われる場所の共通点、それは適度な湿度や日照時間など、肌に良い影響を与える自然環境に恵まれているということが一ついえるでしょう。特に肌にとって潤いは欠かせない大切な要素の一つで、美しく健やかな肌のベースを作り出しているといっても過言ではありません。また、潤いが整った肌は紫外線の影響を受けにくく、日照時間が秋田県ほど短くなかったとしても、天然のバリアがうまく機能しているのではないかと思います。もちろん、自然環境だけでなく、食事や睡眠も美肌を育むことにつながっていることも忘れずに、内側からも気をつけて健やかな肌を作っていきたいですね。

5-ALAでウィルス抑制へ

Pocket

5‒ALAを用いた特定臨床研究が開始
昨春から猛威を振るってきた新型コロナウイルス感染症に対する治療薬・ワクチンの開発が各地で進んできましたが、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を用いた新型コロナウイルス感染症患者を対象とした特定臨床研究が始まりました。この臨床研究の前に実施された長崎大学の5-ALAによる感染試験では、試験管内での細胞にある一定量以上の5-ALAを加えると、ウイルスの増殖を防ぐ効果があることが確認されています。

なぜ5‒ALAが特定臨床研究?
元々5-ALAは、抗体(※1)の機能を向上させる機能を備えていることから、長崎大学の熱帯医学・グローバルヘルス研究科で5‒ALAを使ったマラリアの治療薬の研究が進められていました。その研究過程で、様々な感染症への治療効果が期待できるのではないかということから、新型コロナウイルスへの研究が着手されました。長崎大学大学院の北潔教授によると、「ウィルスが細胞に侵入するところをまずは阻害する細胞に、たとえ入ったとしてもスパイクたんぱく質(※2)に結合して、細胞に入ったウイルスの増殖を抑制することで、新型コロナの予防もでき、治療もできる可能性がある。5-ALAにはそういったメリットがある。」と説明しています。今回始まった特定臨床研究で、一定の効果を確認した段階で治験へと進み、製薬の認可を目指しています。

※1 抗体は、異物を認識して結合する働きと、免疫を担う細胞を活性化させて異物を排除する働きをします。
※2 スパイクタンパク質とは、新型コロナウイルスの表面にあるタンパク質で、ヒト細胞の表面に存在するタンパク質の機能を変化させることにより感染を促進させます。

養豚の様子のイメージ写真

アフリカ豚熱の感染予防にも5-ALAを利用
アフリカ豚熱は、豚やイノシシに感染する致死率の高い伝染病で、日本ではまだ確認されていませんが、アフリカをはじめ、ロシアやアジアで発生しています。現在、この病気に対する有効な治療法やワクチンはないのですが、アフリカ豚熱の蔓延を防ぐため、5-ALAを飼料に配合した研究がベトナムで始まっています。5-ALAが防御機能の一番最上流のところに働きかけるため、下流にある様々な防御機能が一緒に動き出すことで、感染防御の効果が示されています。

5-ALAは、細胞内で作られる、天然に存在するアミノ酸の一種なので、健康食品や化粧品の原料としても安全性が高く、ワクチンのように温度管理が難しいものではありません。製薬としての認可が下りると、日本に限らず、途上国などワクチンを届けづらいような地域でも供給できる可能性が高くなってきます。新型コロナウイルス感染症に対する様々な治療薬が開発されている中で、5-ALAが持っている可能性にもますます期待が高まっています。

大人肌こそツヤ感を大切に!

Pocket

肌のツヤ、普段どのくらい気にしていますか?年齢を重ねると潤いが不足しがちになり、ツヤやハリがなくなったように見える結果、老けた印象を与えてしまうことがあります。逆に、年齢を重ねていても、ツヤがあることでハリがあるようにも見え、若々しい印象を与えます。ただ注意したいのは、適度なツヤ感と余分な皮脂が出ている肌は、大きく異なるということです。ツヤがある肌とは、内側から潤いが整い、透明感がある肌のことをいいます。ハイライトなどのメイクでツヤ感をアップさせることもできますが、肌そのものが潤いに満ちていることはとても大切です。

ツヤやハリのある肌

ツヤを出す方法とは?
Point1 毎日の保湿ケアをしっかりと
ツヤのある肌は、日々の十分な保湿ケアから生まれます。洗顔後には、肌の水分が蒸発してしまう前にたっぷりの化粧水で保湿を。最後は両手で顔全体を包み込むようにして、ハンドプレスで仕上げを。この時、両手のひらが肌に吸い付くような感覚があるといいでしょう。その後は潤いを閉じ込める保湿クリームを馴染ませますが、乾燥肌が気になる方はオイルを間に入れるといいでしょう。いずれの場合も、仕上げはハンドプレスで肌がもちっとしていることを丁寧に確認しましょう。内側が潤いで満たされることで、余分な皮脂の分泌を抑えることができます。日中の乾燥が気になる方は、フェイスミストなどで潤いを補うこともお忘れなく。

Point2 週に数回はスペシャルケアを
日々のケアを入念にしていても、古い角質が肌表面にとどまり、ざらつきやくすみを感じてくることがあります。そんな時は、シートパックやスクラブのスペシャルケアを取り入れましょう。保湿力の高いスクラブはキッチンにあるもので手作りもできます。材料ははちみつと砂糖だけ。1:1の分量で混ぜた後に顔全体に伸ばし、優しくマッサージを。気になるざらつきが取り除かれ、いつものスキンケアの効果もさらにアップ。シートパックを使う場合には5分~10分程度に、シートにまだ潤いが残っている感じがしても、長時間のパックは肌の水分まで奪ってしまうので気をつけるようにしましょう。

Point3 コスメでツヤ感をアップ
さらにツヤ感をアップするためにコスメを上手に活用しましょう。チークやハイライトは、細かい粒子のパールが入っているものがおすすめで、粒子が大きいものは不自然にキラキラし過ぎてしまうのでおすすめしません。ハイライトは付ける場所も重要です。顔の凹凸に従って、Tゾーンや笑った時に高くなる頬の部分、上唇の上や顎先にポイント使いすると自然なツヤがあるように見えます。余分なテカリに見えてしまう小鼻には付けないようにしましょう。

乾燥やくすみが気になる季節こそ、ツヤ感を意識してみてはいかがでしょうか。