暑い時こそ湯船に浸かって、
整えよう

Pocket

暑くなってくると、ついシャワーだけで済ませてしまったりしていませんか?強い日差しや暑さで疲れやすかったり、冷たい飲み物やエアコンで冷えやすくなったりと、体調を崩しやすい夏だからこそ、湯船に浸かってからだをしっかりと温めることが大切です。疲労回復効果があるだけでなく、いわゆる「夏バテ」予防にも効果的な、おすすめの入浴方法をご紹介します。

湯船のイラスト

熱すぎないお湯にゆっくり浸かる
湯船に浸かると疲れてしまう、という方が時々いますが、湯船の温度はどのくらいになっているでしょうか。42℃以上の高温になると、血圧や脈拍が急上昇し、交感神経を刺激してしまい、なかなか疲れがとれにくくなります。暑い日に疲れを感じた時は、37〜39℃くらいのお湯に30分ほどゆっくりと浸かってみましょう。ぬるめのお風呂に浸かることで、副交感神経を優位にし、気分を落ち着かせてくれます。血行が良くなるので、肩こりや腰痛、むくみの改善にも役立ちます。また、汗をかく習慣をつけることで、体温を調節する発汗機能をきちんと働かせ、体温調節機能を働きやすくすることにつながります。体温が下がる時に眠りに入りやすくなるため、就寝1〜2時間前の入浴が効果的です。

特に強く疲れを感じる時には
特に強く疲れを感じる日には、40℃ のお湯に10〜15分の入浴がおすすめです。ここでのポイントは、全身浴で首から下をしっかりと湯船に浸かること。10分連続でなくても、2〜3分ごとに入浴して合計時間が10〜15分になるようにすれば大丈夫です。また、40℃の入浴は数多くの実験によって血流量が多くなることが明らかになっており、全身浴することで、体のすみずみまで血液が行き渡り、疲労回復のスピードが上がります。

どちらの場合にも、脱水症状を予防するために水分補給を忘れないようにしてください。効果的な入浴方法を上手に取り入れて、暑い夏を乗り越えていきましょう。
※持病(既往症)がある方、治療中や妊娠中の方、体調に不安がある方は、かかりつけの医師と相談して入浴されることをおすすめします。

5-ALAはどうやって作られているの?

Pocket

体の中で作られる5-ALAなのに減っていく!?
5-ALAは、天然に存在するアミノ酸で、ヒトや動物、植物の細胞内にあるミトコンドリアで作られています。また納豆やワイン、甘酒などの食品中にも含まれていて日々の生活の中で摂取している物質でもあります。ミトコンドリアで作られた5-ALAは、ミトコンドリアの働きを活性化する成分として注目されていますが、残念ながら体内で作られる5-ALAの量は、体が成熟する時期をピークに加齢と共に低下していきます。

5- ALAの製造には、微生物の力が必要!
5-ALA は私たちの体内で果たす役割が大きいにも関わらず、長年注目されてきませんでした。それは、体内ですぐに違う物質へと変わってしまうため、5-ALAの優れた特性が気づかれにくかったということ、そして、人工的に5-ALAを製造することが非常に難しかったことが原因として挙げられます。それが四半世紀もの年月をかけて、光合成細菌という微生物の力を借りた微生物発酵法によって製造法が開発されました。
この光合成細菌は田んぼ等にも存在している微生物で、私たちの身近にも多く存在しています。

5-ALAの製造法は?
では実際にはどのように作っていくのでしょう?5-ALAを作り出すのにもっとも重要なのは、光合成細菌(ロドバクター・セファロイデス)という細菌です。遺伝子組換えを使わずに、長年に及ぶ研究を重ね、少しずつ改良しながら大量生産できるようにさせた特殊な細菌を用います。この細菌の増殖に用いる主な原料は、グルタミン酸ナトリウム、酵母エキス、グルコース、ビタミン、ミネラル等です。
まずこの光合成細菌を発酵させながら少しずつ増殖させ、光合成細菌の数を増やしていきます。そして十分に光合成細菌が増えたところで、5-ALAを生み出すために必要な原料となるグリシンとグルコースを加えます。

5-ALAを生み出す

光合成細菌はこれらの成分を取り込み、光合成細菌の体内で5-ALAに変換させ、蓄積していきます。こうして生まれた5-ALAを分離させ濃縮、不純物を取り除き精製したものを結晶化させると白い粉となり、医薬品や化粧品の原料になります。「発酵」「精製」「結晶化」という3 つの工程を得て、ようやく5-ALAが誕生します。

5-ALA製造工程

健康食品、化粧品、肥料、医薬品まで様々な用途で使用されている5-ALAですが、微生物発酵法という技術を用いて安定的に5-ALAを生産できるのは、世界でも唯一、静岡県袋井市にある工場だけです。今後はさらに製造技術が広がり5-ALAが世界中で浸透してくると期待されています。

サプリメントの上手な飲み方

Pocket

新型コロナウイルスの影響で、これまで以上に健康に気遣う人が増え、サプリメントを積極的に取り入れている人が多いといいます。しかし、ほとんどのサプリは一日に推奨されている摂取量以外、飲むタイミングや飲み合わせなどについては説明書きがありませんよね。サプリの飲み方について迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

いろいろなサプリメント

飲むタイミングはいつがいい?

サプリは医薬品ではなく、いわゆる「健康食品」に分類されます。つまり、特別な記載がある場合を除いて、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。まずは一日の摂取目安量を2〜3回に分けて飲んでみるのはいかがでしょうか。一日2粒の場合は朝・晩に、一日3粒の場合は朝・昼・晩に分けて摂取します。つい飲み忘れてしまうことが多い方は、一日の中で飲むタイミングを決めておくのが良いでしょう。朝食後や夕食後などタイミングを決めておき、まずは忘れずに継続して飲むことを習慣にすることを心がけましょう。

サプリを飲む時にはどんな飲み物がいいの?

基本的に特別な指示がない場合は、水かぬるま湯で飲むといいでしょう。サプリを飲む時に水分を一緒に服用するのは、スムーズに胃に運ぶためと、有効成分が溶け出しやすくなるという理由があります。また、水やぬるま湯は余分な成分を含まないので、サプリの働きを邪魔することがありません。飲み物に含まれる他の成分が、サプリの有効成分を弱めたり、強めたりすることがないように、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

複数のサプリや薬との飲み合わせは?

サプリは食品なので、一度に複数の種類を摂取しても差し支えありません。ただし、成分が重なる場合や上限量が設定されているものもありますので、目的に合わせて目安量を調節して摂取することをおすすめします。また、薬を服用している人は、飲み合わせが良くない場合があるので、できれば医師に相談をしてください。場合によっては、薬の効能が強くなりすぎたり、弱くなったりすることがあります。

まずは3ヵ月続けてみる

サプリは、不足している栄養を補う目的で摂取するものです。しかし、一週間、二週間飲んでみて効果がなかった、と飲むのをやめてしまう人もいるようです。サプリは健康や美容にすぐに効果を発揮するものではなく、あくまでも補助的な役割で健康をサポートしてくれるものです。まずは規則正しい健やかな生活を見直して、3か月ほどは続けてみるようにしましょう。

マスク生活による肌への影響

Pocket

長引くマスク生活で肌の不調を訴える人が続出!

新型コロナウイルスの感染が国内で初めて確認されてから1年以上が経ちました。しかし、いまだに収束の兆しが見えず、1年以上もマスクと共に生活をすることになるとは、想像もしていませんでした。そんなマスク必須生活により、肌に不調や違和感を感じる人が増えています。赤みやかゆみ、ニキビ、乾燥など、マスクによるトラブルはなぜ起きるのでしょうか。

まず、マスクを着けたり外したり、そしてズレを直したりするたびに、肌と繊維が擦れ合います。普段は何気なく繰り返していることなのですが、肌にとってはこれが刺激になり、こすられるたびに角層表面が削られて肌のバリア機能が低下し、デリケートな状態になります。その結果、赤みやかぶれ、ニキビを引き起こしやすくなるのです。また、マスクの中はとても蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。汗をかいたり、皮脂が過剰分泌することからニキビや吹き出物ができやすい状態になっています。最近では、マスクによってアクネ菌が増殖してできるニキビや吹き出物のことを、「マスクネ」「マスクアクネ」と呼んだりもするようです。他にも、マスクによって肌の潤いが奪われてしまうことにより乾燥が起きたり、素材が肌に合わないことや、マスクを洗濯した時の洗剤が繊維に残っていることなども、肌トラブルを引き起こす原因となっています。

マスク生活のイメージ

肌に優しく、より快適なマスク生活のために

マスク生活を送る中で、以前よりファンデーションなどのメイクを控えている方が多いといいます。それ自体は良いのですが、基本的なスキンケアまで控えめになってしまうのはおすすめしません。マスクの刺激にできるだけ負けない肌を整えるために、朝晩の丁寧なスキンケアを心がけて、しっかりと潤いを与えましょう。

こんな時だからこそ、心地よいと感じる香りのものでお手入れするとリラックスできます。鼻先や頬などの特に摩擦が起きやすい部位には、ワセリンなどを塗り、保護膜を作っておくことも肌トラブル対策になります。また、これからは紫外線が強くなりますので、マスク焼けを防ぐためにも日焼け止めを忘れずに。いつかまたマスク無しでも過ごせる日が戻ってくることを願って、今から肌の調子を整えていきましょう。

美肌の共通点を探る

Pocket

”いいヒフの日”である11月12日、女性の肌の美しさを全国47都道府県で順位付けした「新ニッポン美肌県グランプリ2020」が発表され、石川県が総合1位を獲得しました。2位には秋田県、3位は山梨県がランクインしました。この調査は、1989年から31年間に渡り女性の肌を見続けている化粧品会社のポーラが行っているもので、全国の女性の肌の「水分量」「毛穴」「きめ」など18項目について分析され、2012年から発表されています。毎年注目のランキングですが、上位にランクインした場所にはある共通点が見えてきました。

美しい肌

上位にランクインした場所で育まれる美肌の特徴
1位を獲得した石川県は、肌の水分量が全国で最も多く、毛穴が目立ちにくく、ハリがあるという点が評価されました。石川県は年間降水日数が全国1位で、1年の半分以上が雨か雪ということで、こうした気候が肌の水分量に影響しているのではないかと考えられています。2位の秋田県は、肌の明るさや透明感、ハリがある点が評価されました。秋田市の年間日照時間が全国で一番短い、ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。日照時間が短いということは、紫外線から受ける肌への影響が比較的少なく、透明感のある肌を育むことにつながっていると考えられます。また、今回の総合順位ではTOP3入りを逃したものの、4部門で1位、1部門で2位を獲得した鳥取県も同様に、自然環境に恵まれていることが美肌につながっていることが見えてきます。鳥取県は、空気中の水分量が比較的多いということで、それが肌の潤いに影響を与え、「明るく透明感があり、毛穴が目立たないなめらか肌」との高評価につながったようです。

美肌を育む場所の共通点
美肌が多いと言われる場所の共通点、それは適度な湿度や日照時間など、肌に良い影響を与える自然環境に恵まれているということが一ついえるでしょう。特に肌にとって潤いは欠かせない大切な要素の一つで、美しく健やかな肌のベースを作り出しているといっても過言ではありません。また、潤いが整った肌は紫外線の影響を受けにくく、日照時間が秋田県ほど短くなかったとしても、天然のバリアがうまく機能しているのではないかと思います。もちろん、自然環境だけでなく、食事や睡眠も美肌を育むことにつながっていることも忘れずに、内側からも気をつけて健やかな肌を作っていきたいですね。