冬でも必要な紫外線対策

Pocket

1年中降り注ぐ紫外線に要注意
 冬になると夏のように強い日差しを感じなくなるため、「紫外線ケアは夏だけで冬は特にしない。」という方も少なくないのではないでしょうか。しかし、冬の寒空の中も、紫外線は1年中降り注いでいます。
下のグラフは1年の紫外線量を記録したものです。肌の表面に炎症を起こし赤くなったり、日焼けの症状の原因になる「UV-B波」の量は、たしかに5月から9月のピーク時に比べて少なくなっていますが、肌の深部にまで達して肌細胞を傷つけたり、シミやシワなど老化の原因となる「UV-A波」の量は、1年を通して変化があまりないのがわかります。そのため、気付かないうちに紫外線の影響を受けてしまっているのです。
特にこの季節は、気温や湿度が低く、肌も乾燥しがちです。乾燥した季節に火災などが多いことからもわかるように、私たちの肌も乾燥している時ほど傷つきやすく、老化が進みやすくなります。しかし、肌の潤いが保たれていれば、紫外線や乾燥から肌を守ることが可能です。

肌の潤いを保つために日頃から心がけたいこと
①十分な保湿ケア
お手入れの最後には、両手で顔全体を包み込む仕上げを。より一層保湿効果が高まります。

②紫外線ケア
最近では、化粧下地やファンデーションにも紫外線カット剤が含まれているものが多いので、上手に活用したいものです。

③バランスの取れた食事と十分な睡眠
生活習慣は、健やかな肌の基本です。また、肌細胞が生まれ変わるといわれるゴールデンタイム(22時〜2時)を意識するようにしましょう。

体の中からも紫外線ケアを
健やかな肌には、内側からの栄養も欠かせません。紫外線を浴びることで、体内には活性酸素が発生します。この活性酸素こそが美容の大敵といわれ、シミやしわ、たるみといった肌老化の一因となります。この活性酸素を除去する働きがあるのが抗酸化成分です。

たとえば今旬を迎えている野菜ですと、強力な抗酸化力を持つβ-カロテンを豊富に含むニンジンがおすすめです。他にも、抗酸化作用だけでなく疲労を回復させる働きがあるアリシンという成分やビタミンCを豊富に含むネギも日々の食卓に取り入れやすいのではないでしょうか。

日々のお手入れと旬の食材を上手に取り入れて紫外線から肌を守り、厳しい乾燥の季節を乗り越えましょう。

アフターケアのタイミングを逃さないで!自宅でできる「くすみ」ケア

Pocket

 紫外線のピークは去ったものの、肌に取り残されたくすみやシミ、しわ、たるみ…。年齢を重ねれば重ねるほど新陳代謝は鈍り、肌のターンオーバーは乱れ、あの頃のハリや透明感のある肌は遠ざかっていくばかり…と思って諦めていませんか?確かに年齢を重ねることで肌の状態は変わっていくものですが、適切なお手入れを心掛ければ、10歳も20歳も若く見える肌を手に入れることはそんなに難しいことではありません。

特にこの季節に感じやすい「くすみ」は、特別なものを使うことなく、日々のケアでちょっとしたことを意識するだけで改善することができます。簡単にいえば、くすみの原因を取り除いてあげれば良いのです。

くすみの原因とは
くすみの原因は、人によってさまざまですが、主な原因として加齢によって新陳代謝が鈍くなり、肌の生まれ変わりがスムーズにできていないことにあります。新陳代謝が鈍くなると血行が悪くなり、肌のすみずみまで必要な栄養が行き渡りにくくなります。そのため肌の生まれ変わりがスムーズにできなくなり、肌の表面には古い角質層が重なって残った状態を引き起こします。肌の生まれ変わりは、20代では28日周期といわれていても、30代以降になると45日ほどかかってしまうことも。肌の表面が古い角質層で覆われていると、スキンケアの潤いが内側まで浸透しにくくなり、乾燥した状態になります。
つまり、肌全体の栄養が潤いが足りず、くすみを引き起こしてしまうのです。

くすみを解消するには
1. 生活習慣を見直す
基本的なことですが、バランスのとれた食事、質の良い睡眠、適度な運動は必要不可欠です。食事は肌の内側からの栄養になります。また、普段からデスクワークが多いなど運動量が少ないという方は、一駅歩いてみるなどちょっとした運動が血行を改善し、新陳代謝を上げることにつながります。少し身体を動かすだけでよく眠れるようになる方もいるといいます。運動をする際には、水分補給もたっぷりと。

2. 週に1、2回のスペシャルケアを習慣に
肌表面に残る角質層を取り除いてあげるためには、ピーリングやシートマスクなどのスペシャルケアがおすすめです。肌表面で固くなってしまった角質層を柔らかくするので、スキンケアも浸透しやすくなります。肌が潤いで満たされると、くすみが解消され、透明感やツヤを感じることができるでしょう。スペシャルケアのあとは、しっかりと保湿してくれるスキンケアでのお手入れを忘れずに。

むくみを解消する 簡単マッサージ

Pocket

 朝起きて鏡を見ると、自分の顔が大きく感じたり、夕方になると靴がきつく感じたりしたことはありませんか?こういった一過性の「むくみ(浮腫み)」といわれる症状は、長時間立ちっぱなしでいたり、運動不足による血行不良や冷え性が原因と考えられています。

むくみは血液の循環と深く関わっています。心臓がポンプのような働きをし、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ運びます。それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環しますが、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。むくみは放っておくとセルライトの原因になるともいわれています。
適度なマッサージを取り入れて、むくみ予防を心がけてみましょう。

小顔マッサージ 夜のお手入れ時や朝のメイク前におすすめ!

  1. 耳の下のくぼんでいる所を中指と人差し指で5秒かけて押す。
  2. 中指と人差し指であごから耳の下にむかって5回さする。
  3. 小鼻からこめかみにむかって5回さする。
  4. 眉間から生えぎわにむかってタテに5回さする。
  5. おでこの中央からこめかみにむかって5回さする。

※マッサージクリームやオイルなどを使ってやさしく行ってください。

一日の疲れを癒やす足首すっきりマッサージ 夜のケアにおすすめ!

  1. 両手を使って足の裏全体を少し強めに押します。
  2. 甲の骨に沿って足首から指の方へ向かってかるくさすります。
  3. 足首から膝下まで親指でふくらはぎを押します。
  4. 足首を右回し、左回し各10回まわします。

時間があるときには、​壁際で​あおむけに横になり、お尻を壁につけた
状態で両​足を90度直角に上げて5分キープする方法もおすすめです。
※マッサージはご自身の体調と相談の上、行うようにしてください。

ベタつかない!夏の潤いスキンケア

Pocket

青い空白い雲、日差しの強い夏本番がやってきました。

夏場はその高い気温や湿度から汗や皮脂でベタついたりして、お肌は一見潤っていると錯覚してしまいがちです。
でも実際のところ、夏の肌は屋外では紫外線にさらされ、屋内ではエアコンの影響を受け、とても乾燥しやすい状態になります。
また夏だからさっぱりと化粧水だけのスキンケアですませてしまうという人も多いかもしれません。しかしこの夏の保湿ケア不足が、しみやシワなどの肌トラブルとして秋口に急に現れてきます。
そのため、夏でも「化粧水」と「クリーム」を使ったベーシックなスキンケアで、お肌の深部までしっかりと潤いを届けてあげることが大切なのです。
今日は夏の上手なお手入れの仕方をご紹介します。

夏でも快適!化粧水の上手なつけ方
1. 使用目安の1/2~1/3の化粧水を手のひら全体に温めるように広げます。
手のひらで顔全体を覆うようにして、ゆっくりじっくりとお肌になじませていきます。

2. デリケートで乾燥しがちな目もとや口元はさらに重点的に。指の腹を使ってやさしく押さえるように浸透させていきます。

3. 1、2を2〜3回繰り返し、少しずつ浸透させると効果的です。
手のひらが吸い付くような「もちもち感」が出てくれば、肌内部までしっかりと水分チャージされたというサインです。そのサインがみえるまで、数回に分け、お肌のもちもち感を確かめながら水分補給を続けましょう。

【ポイント】 
化粧水をつける時は、コットンを使うとお肌を刺激しすぎたり傷つけてしまう恐れがあるので、手で馴染ませるのをおすすめします。またパッティングでお肌を何度もたたいたり擦ったりするのも、お肌を傷つけたり肌トラブルの原因になるため、おすすめできません。

夏でもベタつかない!クリームの上手なつけ方
1. まずは小指の爪くらいの量のクリームを手に取り、手のひら全体に薄くのばします。
手のひらで顔全体を包みこむように数秒間押さえ、クリームがまんべんなく行き渡るようにゆっくりなじませていきます。

2. 頬などの乾燥しやすい部分には、少量ずつ重ねづけしましょう。ただし、つけ過ぎは禁物です。

3. クリームをつけた後油分でつやつやした肌をしばらく手のひらでおさえ、つやつや感がとれてなじんできたら、クリームの美容成分がお肌の中まで浸透したサインです。

【ポイント】
お肌がベタつきがちな夏場は、クリームのつけすぎに注意しましょう。もともと皮脂が出やすいTゾーンなどには少なめにつけたり、脂性肌の人はさっぱりめのクリームを選んだり工夫するのもよいでしょう。またメイク崩れを防ぐのに、朝は少なめ、夜はたっぷりと量を調節したり、夜だけ少しこってりとしたタイプのクリームに変えるなど、自分の肌と相談しながら調整していくのもおすすめです。

そもそも、化粧水とクリームではそれぞれの役割が違います。
だからこそ夏場でも、化粧水、クリームの両方でお肌をしっかり乾燥から守ってあげることが、秋以降の美肌につながるのです。
「夏の潤いスキンケア」今日から実践して、キレイな美肌づくりに活かしてくださいね!

夏特有のだるさの原因と解消方法とは

Pocket

 夏を迎えると「疲れやすい」「体がだるい」「やる気が起きない」「食欲がない」などの症状が出てくる方も多いかと思います。この夏特有のだるだは、暑さだけでなく、冷房など急激な温度変化に体が適応できていないことで起こります。

猛暑の屋外から冷房の効いた屋内に入る時などの急激な温度差は体力を消耗するだけでなく、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。そして、自律神経の乱れから胃腸の不調や食欲不振、そして全身のだるさを招いてしまうのです。

私たちの体は汗をかくことで体温調節をしていますが、高温多湿な環境が続くと汗の出口が詰まり、汗がうまく体の外へ出ていかないという状態になり、体温調節がうまくいかなくなります。また、過剰に汗をかいてしまうのも体の水分不足を招き、不調の原因となります。加えて、暑さのせいでよく眠れず、一日の疲れを取ることができないことも夏のだるさの原因になっています。

それでは、どうしたらこのだるさを解消できるのでしょうか?

1. 一日3回の食事はきっちりと。
体のメンテナンスはまず食事から。栄養不足はスタミナ不足につながりますので、きっちりと食べることが重要です。特に夏野菜や暑い地域で採れる果物などは、体内にこもっている熱を放出してくれる効果がありますので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの野菜や果物
・トマト
・キュウリ
・モロヘイヤ
・スイカ
・キウイ

また、昔から伝わるように、疲労回復に欠かせないビタミンが豊富なウナギもお薦めです。

2. 体温調節をしっかりと。
特に女性は、冷房で体が冷え過ぎてしまうことがあります。ストールやカーディガンなど軽く羽織れるものを携帯し、意識的に体が冷えすぎないよう体温調節をするように心がけましょう。

3. 質の良い睡眠でその日の疲れはその日のうちに。
「ALAの不思議な魅力」でもご紹介していますが、夏のだるさを解消するためには、質の良い睡眠が欠かせません。特に疲労感が強い日は、早めに就寝するよう心がけましょう。暑くて眠れない時は、頭部を氷枕などで冷やすと、寝付きがよくなり、より深く睡眠を得ることができます。