一言で伝えきれないALAの魅力

Pocket

植物にも動物にも存在するALA
ALA(5-アミノレブリン酸)は、動物だけでなく植物の生体内にも含まれるアミノ酸で、生命維持のための重要な役割を担っています。
動物の場合は、血液中のヘモグロビンの原料になったり、植物の場合は葉緑素の原料になります。この『原料になる』というところが、ALAの大きな特徴です。

 

食糧問題の解決にもALAが…
現在、途上国では清潔な水や食料が不足し、“食糧問題”は今後さらに深刻な課題になるといわれています。しかし、環境問題や気候変動の影響で、これ以上農地を増やせない場合や、肥料の過剰投与による影響から、これ以上肥料を投与しても収穫量は上がらず、むしろ過剰投与した肥料が環境に悪影響を与えてしまうといった事態も起きています。
現在、ALAは肥料としても販売されていますが、肥料にALAを加えることで光合成を盛んにするだけでなく肥料の吸収もよくするため、土地の環境にも配慮しながら、収穫量を上げることができ、今後ALAが肥料として広まっていくと、食糧問題の解決の一つの糸口にもなります。

ALA比較ー

 

 

家畜の免疫力を高めて…
一方で、家畜の分野でも大きな可能性があります。現在、一般的な家畜の餌には大量の抗生物質が投与されており、世界で使われている抗生物質の大半は家畜に使われているといわれています。
密集した環境で育てられている家畜は、感染症のリスクが高くなり、さらに抗生物質の効かない種類の菌が増えてきたため、大量の抗生物質が使われています。
それでは、家畜にALAを投与するとどうなるのでしょうか。
ALAは、細胞内のミトコンドリアを元気にしてくれるので、免疫力が増し、菌に対する抵抗力をつけることが可能になります。自らの免疫力を上げれば、抗生物質を大量に投与することなく、自らが持つ抵抗力で病気を予防できるようになるのです。

 

img_ala_04

 

私たちにとってのALA
それではヒトの分野ではどうでしょうか。
現在では、ALAが配合された化粧品、健康食品が販売されています。また医療の分野でも様々な研究が進められています。
たとえば、ALAを利用したがん検診がその一つです。ALAは体内に取り込まれると、「ポルフェリン」という成分に変化します。その時に、ある特殊な光を当てると、がん細胞に集積したポルフィリンが光るのです。この特徴を活かして、ALAを利用した癌の摘出手術が行われています。また、ALAが抗癌作用を持つ可能性があるのではないかということを想定した研究も進められています。
ALAには植物から動物まで、様々な分野で役立つ可能性を秘めているのです。

 

◎ALA(5-アミノレブリン酸)について
体内のミトコンドリアで作られるアミノ酸、ヘムやシトクロムと呼ばれるエネルギー産生に関与するタンパク質の原料なる重要な物質です。しかし、加齢に伴い生産性が低下することが知られています。酎粕や赤ワイン、かいわれ大根れなどの食品にも多く含まれるほか、植物の葉緑体原料としても知られています。

ソロモン女性の美しさの秘訣とは

Pocket

南太平洋に浮かぶ“最後の秘境”とも呼ばれるソロモン諸島。
平均気温は30℃。年中強い日差しが降り注ぐ、常夏の島国です。そんな常夏の島に暮らす女性たちは、強い紫外線を浴びているにも関わらず、シミ・しわ一つない美しい肌の持ち主ばかり。その美しさの秘訣に迫ります。

04年2月ソロモン 202美しい肌が印象的のソロモン人女性

 ほぼ100%のソロモン人女性がスキンケアに使っているのが『ココナッツオイル』です。最近日本でも健康志向の高い女性の間で話題になっていますよね。
ココナッツオイルは、分子量の小さい中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。また、アンチエイジング効果の高いビタミンEも多く含まれているので、顔や髪、全身の保湿に最適なオイルとして、昔からソロモンの女性たちの美容に欠かせないものとして使われてきました。

P1030099現地のマーケットに並ぶオーガニックココナッツオイル

 美容への効果だけでなく、高い抗菌作用や抗酸化作用から虫さされにも現地の人々は塗っています。また、紫外線をカットしたり、日焼け後の炎症した肌を守ってくれたり肌トラブルを予防したりする他、免疫力をアップさせる効果もあるといいます。
そんな栄養豊富で保湿力たっぷりのココナッツオイルをうまく活用して、ソロモンの女性たちは強い紫外線に負けない美しい肌をキープしているのです。

04年2月フィユ4 303どこまでも続くココナッツの木

 美容効果抜群のココナッツは、ソロモンの人々の生活にはなくてはならないとても大切なもの。伝統的なソロモン料理にはココナッツミルクをたっぷり使いますし、ココナッツミルクの搾りかすは豚など家畜の餌になります。ココナッツの殻は、着火剤として活用されていたりと、余すところなく自然の恵みを最大限に活かす彼らの素晴らしい生活の知恵は、私たちの生活をより豊かにしてくれるヒントになるかもしれません。

アレンジいろいろ!豆腐をつかったヘルシースイーツ

Pocket

じめじめとした梅雨の時期。なんとなく食欲が低下して、さっぱりとしたものや冷たいものに手が伸びがちですね!
今日ご紹介する「チーズ豆腐」は、豆腐とチーズが主な材料なので、とてもヘルシー、かつ女性にはうれしい美容効果も期待できそうなスウィーツ。豆乳が苦手な人にもおすすめです。

cheesetofu

材料(約600g分)

  • 絹ごし豆腐 200g
  • クリームチーズ 200g
  • 豆乳 1カップ(200ml)
  • 粉ゼラチン 1袋(3g~5g)
  • 塩 少々
  • ハチミツ お好きなだけ

豆腐の水切りをする。(1時間ほど)

  1. クリームチーズをボールに入れて泡だて器で混ぜてなめらかにする。クリームチーズは固ければ、耐熱容器に移して電子レンジで1分加熱して柔らかくする。
  2. 水切りした豆腐を裏ごしして、2のボールに加え、つぶつぶがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせる。
  3. 小鍋に豆乳と塩を入れ、軽く温まったら火を止めてゼラチンを入れて混ぜ合わせる。
  4. 豆乳の粗熱がとれたら、3のボールに入れてしっかりと混ぜ合わせる。
  5. 熱湯消毒した保存容器に移し、台に数回落として中の空気を抜き、ふたをして冷蔵庫で3~4時間冷やし固める。
  6. 固まったチーズ豆腐を器に盛り付け、ハチミツをかけたらできあがり!

☆冷蔵庫で約1週間保存できます。
☆クラッカーに野菜やサーモン、ハムなどと一緒にのせるのもおすすめです。

「ソロモンハニー」数量限定発売のお知らせ

Pocket

img_20140610_012014年3月にスタートしたソロモン諸島の養蜂産業育成を応援する「Solomon Honey Project(ソロモンハニープロジェクト)」の製品として、 「ソロモンハニー(はちみつ)」を本日より発売致します。
数量限定となりますので、この機会にぜひお試しください。

詳細はプロジェクトページ、および商品ページをご覧ください。

ソロモンハニー(はちみつ)
Solomon Honey Project

「ガサガサかかと」におすすめ!シュガースクラブの作り方

Pocket

『乾燥が気になる部位』で常に上位にランクインする「かかと」。
角質層が厚く、乾燥しやすい部分だけに、「ガサガサかかと」で悩んでいる方は意外と多いようです。
今日はそんな「ガサガサかかと」ケアにおすすめのスクラブをご紹介します!

Coconut Honey Sugar Scrub
Coconut Honey Sugar Scrub
(ココナッツハニーシュガースクラブ)

材料(2~3回分)

  • ココナッツオイル 1/3カップ
  • グラニュー糖 1/3カップ
  • ハチミツ スプーン1杯

清潔な容器に材料を入れて混ぜるだけの簡単ナチュラルスクラブ。
適量を手に取り、やさしくかかとをマッサージ。

グラニュー糖が体温で溶けていくので、肌を傷つけることなくやさしく角質ケアができ、ココナッツオイル+ハチミツがしっかりと保湿してくれるので、あっという間に「つるつるかかと」に。
週に2~3度のケアをおすすめします。

最近何かと話題のココナッツオイル。ソロモン諸島など常夏の国では、多くの女性が全身の保湿や虫さされのケアなどに活用しています。強い陽射しの下でもシミ、シワひとつない美しい肌の持ち主が多いこともあり、多くの美容研究家が注目している天然の高保湿クリームなんですよ!
ココナッツオイルの可能性を追求したこんな本も出ています。

天然の恵みと知恵を活かしたスクラブを取り入れて、サンダルの季節を楽しみましょう!